hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

バズマザーズ「理詰&ブルース」 

理詰&ブルース
バズマザーズ「理詰&ブルース」
2011年結成の3人組(いや4人組か?)場末ポップバンド、バズマザーズの1stミニ。
"平成の阿久悠"、"浪速のカート・コバーン"の異名を持つボーカル山田亮一の前身バンド、ハヌマーンの時からのファンです。前ドラムがスタッフ(マネージャー)に降格し、ちゃんとしたテクニックのあるドラムが加入して以降初の作品。ハヌマーンは当時アルカラに並ぶ存在感を放っていた好きなバンドであり解散が悔やまれたわけですが、山田氏が復帰してくれたことが今は何より良かったのかなと思います。

リード曲「ロックンロールイズレッド」は疾走感ある彼ららしいナンバー。バンドのツアーの様子を彷彿とさせる詞でクールでありながら熱も感じる。メロディーと言葉の合わせ方がキレッキレな感じなのが毎度感心する。気持ちがいい。
「サレンダー」は珍しくラブソングになるわけだが、なんかかったるいなあ。7分越えという大曲になっているのも個人的に難あり。
「魔法使いの猿達へ」。"魔法使いの猿達"とはどういう意味なのか。どうやら前バンドのことを歌っている曲らしい。"かつての唄を欲しがる人に、取り澄ます事さえも出来なくなる"といった詞もあったり前メンバーとの決別を意味するフレーズが多い。なんで解散したんだろうね。タイトルだけ見たときゲスいイメージが浮かんだのは内緒。
「あの頃、モダンバレリーナと」ではこれまでのしんみりさから一転して軽快なポップロックに早変わり。ちょっと趣向がベタかと。
「内田と打ち上げ抜け出さnight」はスタッフであるはずのウチダボーカル曲。タイトルから嫌な予感がしたが見事に的中してしまう。なんだこの気持ち悪さは。"ぬめぬめ"とか言うんじゃないよ(笑)この曲に限っては全女子から忌み嫌われることこの上ない。なぜこんなネタに急に走ったのか。せめてボーナストラックじゃないの?ただしサビだけはまともだったりする。
「雨に唄えば」も場末感のあるフレーズが多くてやや古風。確かにあまりこういう作風のバンドは最近いないかもしれない。自嘲的に愚かな一面を見せたりもするんだけどそんな自分を冷静に客観的に見ている節もあったり、一筋縄ではいかない思考を巡らして作っている気がします。昔から達観したようなスタンスに見えるんですよね。

前作1stから薄々感じていた点。前バンドの音楽性からの比較をするのはお門違いの気もするが、正直なところやっぱり物足りない。すでにこのバンドとしての音楽性も固まってきたようですが、どうしてもハヌマーン時代の勢いをもっと欲しくなってしまいます。"阿久悠"とか言い始めたのは、歌詞重視にシフトしたということだったのか。前はもうちょっと捻くれていて幻想的な音が混ざっていたり、音も面白いバンドのイメージだったんですけどね。激しめの路線は或る感覚にでも譲ったのかな。もちろん荒っぽさと繊細さを兼ね備えたサウンドと斜に構えた言葉選びは他バンドと比べても卓越したものは今でもあると思います。多少おふざけが入るのは別にいいのだが、とりあえずマネージャーが暴走し過ぎないようにしてもらいたいところ。

★★★☆


やっぱり3人組ってことでいいですよね?


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/99-bec2f0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。