hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

チャラン・ポ・ランタン「ふたえの螺旋」 

ふたえの螺旋
チャラン・ポ・ランタン「ふたえの螺旋」
ボーカルのももとアコーディオンの小春の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンのフルコースアルバム。(1stフル?)
妹ももの20歳の誕生日に向けた3部作の最後を飾る作品です。古き良き哀愁あるアコーディオンに小節の効いた愛嬌あるボーカル、愉快なバックバンドの演奏、そして毒を含む痛快な歌詞。ファンタジー系かと思いきや生々しい現実を突きつけてくる曲も結構あるのが彼女たちの特徴の一つかと思います。本人らも「こんな音楽を好きなモノ好きがこんなにもいるのか…」と言う始末。あっ、ここにもいます。

Alamaailman Vasaratのような(例えが例えになってない)出だしのインスト「今日のさよなら -overture-」から幕を開ける。全体の構成としては、インタールードの「歯車」、「鍵穴」を挟んで3つのグループに分けることができます。
まず序盤、彼女らのイメージ通りの「サーカス・サーカス」。サーカスって表舞台の華やかさに対して裏の影の部分がクローズアップされがちなのは何故なんだろう。この曲もそういう不穏さがある。「クシコス・ポスト」のメロディーを拝借した「家なき子のドロシー」は軽快なリズムの曲だが、オチがおぞましい。「世界のフルコース」もフルコース全否定されててなんだかよく分からない。どういう状況なの?これ。
問題作連発の中盤、「今更惜しくなる」は語りが若干サンホラ第1期みたいな雰囲気で穏やかではない。将来の夢と現実とのギャップを嘆く詞がとにかくエグい。なんだこのリアルさは。特に終盤の叫びが本来の意味でヤバい。「中野から新宿までの間にカバンを電車に忘れた!」はタイトルの如し。「エリーゼのために」のメロディーで鞄を忘れたことのみを歌う。妙にリアルな日時が詞にあるが実話なのか?「Oppai Boogie」はツッコミどころしかないOppaiソング。どっちとは言わないがバカと天才は紙一重ですね…そしてここからの落差が半端ない「みきちゃんの目玉焼き」はじめっとした浮気ソング。初期の谷山浩子並の才能があるかもしれない。
終盤、"ライラライラライラライ"と巻き舌気味で歌う「滲んだ希望」、カレー曲「カレーのお誘い」と怪しい魅力ある曲がまだ続く。「ライムライトを浴びて」はボーカルの表現力に圧巻される。曲の主人公であるステージに立つ歌手を演じ切る様に思わず息をのむ。ホントに20歳になったばかりの娘なのか?「最後の晩餐」は愉快なアッパー曲。楽しそうです。この終わりの2曲はライブで観たらさぞ凄いんだろうなあ。

音楽的なバックグラウンドは昭和歌謡的なレトロな音楽であり、すでにだいぶキャラが確立されているのは彼女らの長所であり短所にもなる点だと思います。クラシックからの引用は一聴して親しみやすい曲も多いのですが、すでに多くの先人たちが通ってきた道であり多用し過ぎると飽きるのも早い。今後の伸びしろという意味では、作曲のオリジナリティを強めていく必要があると思います。ただ、さらっと毒づく歌詞は個人的には好きですし、ボーカルの表現力もめきめき向上しているのは非常に良い点。このご時世、アコーディオンが主体のポップバンドもそうは出て来ないはずなので、今後さらに独自の道を突き進む素質は十分あると思います。

★★★★




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/88-2cb50d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。