hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

竹達彩奈「apple symphony」 

apple symphony [初回限定盤]
竹達彩奈「apple symphony」
「けいおん!」出演でブレイク、2012年に歌手デビューした女性声優、竹達彩奈の1st。
アイドルの範疇に入る声優歌手の曲は滅多に聴かないのですが、今作はアルバム曲の制作陣に川本真琴、奥華子、永野亮と気になる名前が並んでいたので聴いてみました。豪華制作陣が手掛けた、彼女のキャラクター重視のバラエティー豊富なアイドルポップスがずらりと並んだ一作となっています。割りと辛口感想です。

メルヘンなイントロ「apple symphony」からいきなりの珍曲「ライスとぅミートゅー」が始まる。なんだこの曲(笑)自身作詞の"お肉ソング"というネタ特化ぶり。でも小林さんの書くメロディーは普通に良いですよ。メロディーは。
Cymbalsの沖井礼二による曲はデビュー曲「Sinfonia! Sinfonia!!!」と「リズムとメロディの為のバラッド」。このアレンジはどう考えてもCymbalsの王道スタイルそのものですね。ボーカルとの相性は確かに良い。末光篤の「Yes-No」と「♪の国のアリス」はどちらもピアノが強調されたSUEMITSUナンバー。この方の提供曲は毎度毎度手堅いなあ。この作曲家2名の曲は南波志帆が歌ってもしっくりきそうな感じ。現に末光氏は曲提供していますし、Cymbalsつながりで矢野氏が相当関わっているので音楽性が被るのは無理もないか。とりあえずおしゃれ。
川本真琴の「G.I.W.」と「春がキミを綺麗にした」。「G.I.W.」は初期カワマコを彷彿とさせる、というかあの名盤「川本真琴」に入っていても違和感がない曲。今作を聴いて最大の収穫だったのはこれ。ボーカルはもはやモノマネの域だが確かに似ている。本人が好きなんだろうなというのは伝わってきます。「春がキミを綺麗にした」の方は書き下ろしのようですが、キュートさ全開でいいんじゃないでしょうか。
APOGEEの永野亮の「ナナナナンバーワン」は数え歌というシンプルな構造の曲ながらこっそりと様々なアレンジを仕掛けている。巧い、巧すぎる。ボーカル差し置いて遊びまくってる感すらある。
奥華子の「HIKARI」は今作一番のしっとり曲。全体的に「変わらないもの」の焼き増しっぽくはあるが。
作詞いしわたり淳治、作曲はまさかの筒美京平というシングル曲「時空ツアーズ」はなんかいろいろセンスが古風だなと思った。何年も前から「みんなのうた」にあったみたいな曲。筒美先生もペロリストなのか?

挨拶代りの1stフルということで、これといって意外性のある突飛な曲を入れることなくかなり無難な仕上がりになっていると思います。"キタコレ"とか歌っちゃってる曲が約1曲あるがぶっ飛んでるというほどではない。発注先がそもそもカワマコを除けば"安定感の塊"みたいなメンツなのでそうならざるを得なかった感じですが。無難を通り越してちょっと古いなあと思ってしまう曲もいくつかあり、彼女に特に思い入れのない人が聴いておっと思うような新鮮さのある曲は多分ほとんどない。制作サイドで見れば、カワマコが好きな人は聴いてみてもいいかもしれないが、奥さんが好きな人は特に聴く必要はないという印象。先に触れた南波志帆共々、もうちょっと毒っぽい曲を出してもいいんじゃないかと思うようなどうも腑に堕ちない感覚を味わえる一作。

★★★☆


MVまで作っていたとは…


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/86-c574c7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。