hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

HAPPY BIRTHDAY「今夜きみが怖い夢を見ませんように」 

今夜きみが怖い夢を見ませんように
HAPPY BIRTHDAY「今夜きみが怖い夢を見ませんように」
2010年結成の2人組ガールズバンド、HAPPY BIRTHDAYの2nd。
通称"ハピバ"。女の子目線のキュートだがリアルな恋愛詞を超絶キャッチーに歌った曲が中心のバンドです。最初に知った時はかなりアウトローな印象があったので、今作はだいぶメジャー感があり丸くなった感じはしました。しかし、この可愛いのにリアリティのある詞の中にはエグいものもあって、"女の生態"がちょっと垣間見れて面白い。

嫌な予感しかしない(笑)タイトルの曲が序盤に並んでいる。女同士の恋の戦いを描く「恋暴動」、一歩間違えれば電波ソングの域に入るであろう「イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキ」とシングル曲2連発。「わたしは君のママじゃない」は詞はタイトルの如きだが、なんか本当に別れ際にありそうな場面。「君だったら」は未練たらたらな詞ですが、メロディーが純粋に好きな曲です。メロディーは良いんですよ。メロディーは。Charaみたいな倦怠感のある歌い方で始まる「期待外れのメリーゴーランド」は中身は抽象的だが非常に面白いと思った曲。"期待外れのメリーゴーランド"というフレーズからして良い。"ジェットコースター"ではなく"メリーゴーランド"というチョイスが想像をより膨らませるような気がする。「魔法のタイムマシン」は「イチャイチャ~」並にぶっ飛んだ曲。前曲からの落差あり過ぎ。インタールード的な「1989」は彼女らが初めて誕生日を迎えた年ということか。「ありがとうまたね」も別れの曲だがこれまた趣きが違う。一番辛い感じがする。しっとり系が続き次の「ぼくがそばにいる」も"きれいなハピバ"な曲。まるでいつもは汚いみたいな物言いだな(笑)「DAIKIRAI-DAISUKI」は"IYA IYA"が耳に残る曲。Aメロが2chやニコニコで流行っていた「RAINBOW GIRL」に似ているようだがどちらの曲もDAISUKI。「目を開けて」は新しい恋の始まりを描くポジティブなラストなんだが、"原子力なんか要らない"というさりげなく入っていた詞が気になった。こんな主張もするバンドなのか。

ボーカルはspeenaみたいなロリータ的ファニーボイスばかりかと思っていたら、意外と歌い方に振り幅があってバラエティに富んでいます。メロディーは全曲キャッチーで中毒性が高い曲もチラホラ。今後の評価上位組に入るポテンシャルは十分ありますね。大塚愛が好きな人であればこちらもハマると思うが、aikoが好きな人はキャラソン的な曲を受け入れられるかどうか次第といったところでしょうか。ソニー系女子バンドにハマる流れは続くよどこまでも。

★★★★




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/85-1a022184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。