hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Gacharic Spin「Delicious」 

Delicious
Gacharic Spin「Delicious」
2009年に活動開始した4人組ガールズバンド、Gacharic Spinの1stフル。
その見た目とは裏腹に、実力派と呼ぶに相応しい高い演奏力に定評のあるバンドです。"MUSIC JAPAN"でのテレビ初出演をたまたま観て以来気になっていましたが、ようやく待望のフルアルバムが出ましたね。シングル曲を素直に入れてほしいという希望もありましたが、それにも劣らないパワフルな楽曲がてんこ盛りの一枚になっています。

「NEXT STAGE」は疾走感を越えて切迫感すらあるサビの応酬で最初からクライマックスの様相。「爆弾娘 (ボンバーガール)」も同じく走る走る。「今を生きてる ~2013年 春~」は「夏の日の1993」並みにやけにピンポイントなタイトルで季節ごとにver.を変えられそうな雰囲気ですが、作りこみが凄い。ロックサウンドにピアノ・ストリングスのアレンジを加えて春らしさも演出している。異国情緒が織り混ざっている「My bird」はアルバムの流れに変化を生んで面白い。ゲームタイアップ曲みたいな雰囲気で、こんな曲もやるんだと感心。十分いい曲だが、音のバランスをさらに改良したら大化けするのでは。ダンサンブルでまさにアゲアゲな「GS★PLANET」、主旋律以外の音が大混雑を起こしているまさにガチャガチャな「Never say never」、これまたダンサンブルだが陰の部分も仄かにある「perception」と中盤も怒涛の流れ。ちょっとシリアスさが入ったピアノから入る「好きな人、だけど…」は今作随一の情感溢れる曲。「メロメロファンタジー」は一曲だけボーカルが違うのでズコーとなりかけるがなんか不思議な魅力のある曲。下手な例えだが、SCANDALのTOMOMIボーカル曲とかバンドじゃないもん!を聴きたくなるのに近い感覚。「Lock On!!」は2013年版。イントロのベースが好き。やはりこの人上手いわ。デジタルサウンドの攻撃性の高いサビが強烈にキャッチー。当時NHKがやけにアクの強いバンドを紹介しているなとは思いましたが、先見の明はあったんじゃないかと思います。さすがです。

アッパーチューンの流れをクールダウンさせるような曲は全く配置していないので一聴して胸焼けしそうになるが、10曲で45分以内と割りとコンパクトにまとめているので通して聴きやすい。欲を言えば、「NEXT STAGE」→「爆弾娘 (ボンバーガール)」や「GS★PLANET」→「Never say never」あたりの流れは雰囲気が被ってきているので、後に来る曲の方が食傷気味になりがち。引き出しが少ないわけではないので、もっと起伏に富んだ構成にしてみたら面白くなると思いました。兎にも角にもこの熱いパフォーマンスぶりはアニメに代表されるクールジャパンなカルチャーとも親和性が高いはず。そろそろアニソン提供したりJAPAN EXPOに呼ばれたりして知名度が急上昇するのではないかと期待しております。

★★★★☆




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/83-c79b4a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。