hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ハルカトミユキ「真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。」 

真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。
ハルカトミユキ「真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。」
2012年デビューの女性デュオ、ハルカトミユキの2nd e.p.。
女性デュオ新時代の到来を確かなものにしたであろう2人。これほどまでに心が揺り動かされるデュオが他にいたでしょうか。個人的最強デュオRYTHEMの牙城を崩せるか。今作はまずタイトルがいいですね。鋭利で冷淡な様がこの短歌からもよく伝わってきます。

「ドライアイス」は冷たい絶望の淵から希望を見出す類の曲だが、終盤の希望の示し方が尋常ではない。これは希望なのだろうか?言葉は悪いがやけくそみたいになっていて狂気的でもある。本心の吐露なのかふっと湧いて出てきたフレーズなのかが分かり辛いのも彼女らのある種の魅力なのかもしれないです。「ニュートンの林檎」では 1番は"重力"、2番は"権力"を軸に据えて"勝てないお前が悪い"と鋭い詞が振りかざされる。ギリギリなバンドアンサンブルも良いです。MVのハルカさん、目が怖い(笑)「POOL」はあまり前向きとも言えない願望を連ねて"いいだろう"をサビで連呼する。終盤さらっとどんでん返し(そこまで大袈裟ではないが)的な展開があって、不安定感を起こしている。アコギとシンセのシンプルな構成の「グッドモーニング、グッドナイト」は"僕"を半ば自嘲的に捉えた切ない曲。最後の"ごめんね"とかもうね…うん…。「未成年」では"小屋のウサギを逃がしたらどうしていけないの"と子供時代を振り返り、サビでは僕と君の"目"に焦点を当てて一気に盛り上がりを見せる。わずか5曲ですが空虚感で満たされるには十分なボリュームではあります。

前作が外に向かった反抗心がタイトルからも曲からも垣間見えた作品だったのに対し、今作は内向きな世界観が強くなっています。昨年初めて聴いた時のようなインパクトは薄れてしまいましたが、相変わらずクオリティーは高いです。同世代であろう女性SSWの大森靖子や転校生らにも同じことが言えますが、彼女らは内に秘めた毒、例えば感傷、退廃、破壊、絶望、反抗…と言った言葉で表される負の感情を音楽、しかもその中でもポップスを通して浄化させているのではないでしょうか。これが流行りのデトックスというやつか。音楽は彼女ら自身を救い、違う誰かに共鳴する。素晴らしい連鎖。次こそはフルアルバムを!

★★★★☆






関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/79-5dd0fcb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。