hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

The606「憧れる日々」 

憧れる日々
The606「憧れる日々」
ボーカルと鍵盤のえりつぃんとドラムの林じょー大介の男女2人組ハイパーPOPSバンド、The606(ザ・シックス・オー・シックス)の1stフル。
憂いと温もりのバランス感覚が程よいポップバンド。ピアノだけであれば、素朴なボーカルの弾き語り系女性SSWといった感じですが、ここにドラムが入ることで楽曲の表情がより豊かになっている印象を受けました。

出だしがいきものがかりかと思った「五月の空、雨」。梅雨よりも早い時期に降った雨、春の別れの季節が歌われています。"毒"をもつ新しいヒーロー像を描く"パープルマン"。ジャケットに描かれているのがそうなんですかね。面白い曲です。スローテンポの「ジュース」は悲壮感を大きく出すような演出こそないが、ちょっとアンニュイな気持ちになる。「歌うんです」は爽やかな曲。サビにある"歌うんです"の言葉の響きが好きですね。1番から2番へのドラムの変化も良いです。全体の雰囲気は奥華子の「春風」とかに近い印象。「一人ぼっち」はメロディーが今作で一番好きなジャジーな曲。歌詞が救われない。何があったんでしょう。間奏部分がすごくオシャレ。なんかワクワクするインタールードの「安息2012」からの「安息」は鍵盤の種類が変わって穏やかながら4つ打ちの曲。寝る前に聴くとちょうど良い心地良さがあります。テンポが速めの「春になれば」。終盤の切ない締め括りが絶妙。ドラムが荒ぶっていると思ったら歌も歌いだした「嵐な人」。ちょっとコミカルさも含む曲の展開が面白いです。前傾姿勢で駆け抜けるような「旅立ちのススメ」。4分あたりからがグッとくる展開。

詞については良くも悪くも平熱を保っており、ボーカルも感情をあまり表に出さないタイプに感じましたが、ピアノとドラムがそれ以上に起伏に富んで雄弁さがあるバンドだと思いました。間奏のジャジーでオシャレなフレーズも聴き逃せない。メロディーも派手さはないですがキャッチーさは十分あります。一人でまったり聴くのにオススメ。

★★★★




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

とても嬉しい内容です。ありがとうございます。
The606 じょー

URL | じょー #-

2013/05/27 01:40 * edit *

Re: タイトルなし

ご本人様ですか!コメントありがとうございます。
今後の活動にも期待しております。

URL | hawaiibem #-

2013/05/27 22:24 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/75-43633433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。