hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

THEラブ人間「SONGS」 

SONGS
THEラブ人間「SONGS」
2009年結成の男女5人組バンド、THEラブ人間のメジャー2nd。
バンド名通り、恋愛至上主義を掲げている音楽集団であり、恋愛詞に疎い私としては正直な話最近まで敬遠していた存在でしたが、今作で初めてちゃんと聴いてみました。テーマは「生きる」。

1曲目「ラブパレードはつづく」は"パーティ"、"パレード"の華やかさで突っ走る。バンド史上最速らしい「太陽と血の靴」はタイトルにあるように靴ソング。"良い靴を履いて行け"と熱いの続くなあ。「アンカーソング」は彼らのアルバムを聴いてみるきっかけになった曲。最初は純粋にバイオリンの音が気持ちいいなあと思っていましたが、詞がある意味すごいことを言い切っているところにさらに驚き。「ちょっと梅ヶ丘まで」はカントリー調で軽快ながら詞に切なさがありギャップが効いている。ラップ調の「犬の人生」は結構好きな曲。最近ポエトリーリーディングというジャンルが気になるのです。"永い永い夏になりそう"が印象深く終盤の盛り上がり方も素晴らしい。「bedside baby blue」は不意に出てくるローカルワードに反応してしまった。こちらも壮大な締めを見せる良展開。「きらり」は重厚なアレンジがたまらない。やけに直球なタイトルの「病院」も"生きる"と多いにリンクする曲で次曲にもつながっているように見えます。ラストの「体は冷たく、心臓は燃えている」。サビの爆発ぶりが凄まじい。まさに渾身の一作ではないでしょうか。この曲でも3月度ベスト20に入れられないくらい3月度は熾烈でしたね。今思えばなぜ入れなかったのかと思うくらい。

熱量が半端ない作品。とにかくフロントマンの金田氏が熱いですね。暑苦しいくらいですね。表現者としては申し分ない情熱の持ち主だと思いました。序盤から駆け抜けて4,5曲目で一旦クールダウンするものの、後半は全てが熱い。熱いのだがいい意味で後を引かない、爽やかさを伴うのがなんだか不思議な気分。サウンドとしてはバイオリンが入っているのが非常に印象に残りましたが、どのパートも曲ごとの表情のつけ方が多彩です。敬遠していたと書きましたが、蓋を開ければなかなかの傑作じゃないでしょうか。変な例えですが、暑い夏にスタミナ料理を食べるがごとく聴いてみてはいかがでしょう。

★★★★☆




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/72-71ebdc61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。