hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

SATORI「Yeah!Yeah!Yeah!」 

YEAH! YEAH! YEAH!
SATORI「Yeah!Yeah!Yeah!」
京都出身の男女3人組バンド、SATORIの1st。
宇宙空間にいるような、いわゆるスペイシーなキーボードとダンサンブルなギターロックの融合の心地良いサウンドが魅力的です。ボーカルは男女混声で歌唱力はお世辞にも高いとは言えないが、力を入れ過ぎないゆるふわな感じがサウンドと相まってなかなか良いです。

キラキラとしたイントロに始まり、ノリのいいダンサンブルな表題曲「Yeah!Yeah!Yeah!」でスタート。男性ボーカルのハノトモが主に歌っているが、終盤に女性ボーカルゆっこも入ってきてカオス感を演出。「ギミユラ」はスペイシーサウンド全開の疾走感溢れる曲。「ギミユラ」って最初何のことかと思ったが英文か。サンバやアロハな南国チックの「カジキマグロ」。どういうわけかマグロソングはネタ曲扱いになる率が高い(私調べ)。続くリード曲「ゆびきりソング」もゆっこボーカルの独壇場。チャットモンチーをよりゆるくしたような気分。ちょっとセンチな感じにくすぐられます。MVもゆるい。京都だから新撰組というわけですか。ゆの字斬り(?)は締めが意外とエグい(笑)楽しそうでなにより。オルガンの音色が印象的な「Kiss me again,coming back!」は滅茶苦茶な感じで歌っているAメロ・Bメロからの単純明快なサビの対極に遊び心が感じられます。これまた一瞬チャットモンチー?と思わせるタイトルの「愛の煙」は正統派ロックに近いテイスト。ラストの「愚か者の鳴らす口笛にあわせて」は抑え気味なボーカルながらダンサンブルさは健在。

女性ボーカルゆっこさん中心の曲は特にクセがあって好みですね。ノリノリでキャッチーな楽曲が多いので、ここにテーマや詞に深みが出てくるとさらに面白くなりそうな予感がします。すでに何が飛び出すか分からないオーラは漂っているので、そのごった煮なところは伸ばしていってもらいたいですね。

★★★★




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/70-e3a6a176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。