hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

今年よく聴いた曲 

2016年の音楽感想まとめです。

2016年は、自分でも驚くくらいに音楽から距離を置いた1年だったなと思います。
そんな感じなので、マイベストというほどのものも作れず、よく耳に入ってきたと思う曲を取り上げてみました。


●藍井エイル「翼」
島谷ひとみ的な王道の歌謡曲テイストアニソン。スマッシュヒットした「ラピスラズリ」の流れを汲んでいると思ったら、同じアニメの主題歌でしたか。活動休止が痛いなあ。


●宇多田ヒカル「真夏の通り雨」
「Fantôme」は良いアルバムでした。年間1位ですね。J-POP離れしたJ-POPを歌う人というイメージが昔からあるのですが、今年一番J-POPらしい曲を聴かせてくれたのは彼女だったなと。"止まない通り雨"という響きがなんとも素敵。


●岡崎体育「MUSIC VIDEO」
禁じ手に等しい究極のネタ潰しMV。楽曲も映像もクオリティが高いので、同業者じゃないけどなんか悔しくなります。でも作り手へのリスペクトも感じられて清々しい気分になります。女の子の演出講座は特にためになりました。若手バンドのみなさんは没個性にならないように気を付けましょう。


●欅坂46「サイレントマジョリティー」
影を感じさせるのがビーイングっぽいというかちょっと小松未歩も入っている感じがして良いです。鬱屈したところから徐々に光が差し込んでくる構成の巧みさは今年のヒット曲でも随一。


●Cö shu Nie「supercell」
圧倒的厨二感。アニソンに抜擢されたのかと思いました。独創的な節回しは今作もキレッキレ。だけどポップさも見事にキープするという絶妙なバランス。映像の感じも含めてSFPの「How to go」を思い出します。


●さユり 「るーららるーらーるららるーらー」
切迫感や焦燥感を伴いながら猛進するイントロから、緊張が最後まで続く構成には痺れました。やっぱり薄幸少女が大好物なんですね(変態っぽい)


●高橋優 「光の破片」
開始2秒でウルッとくるイントロ。こざっぱりした曲もやりながら、こういう繊細な曲もこなせる引き出しの多さは健在でした。


●ピコ太郎「PPAP」
底ぬけAIR-LINEと言えば「あてぶり」が代表作なわけですが、まさかそれが派生してこんな大きな現象を生むようになるとは…人生とは分からないものですね。PenもAppleも小道具を使っているわけではないし、2つの言葉を組み合わせて新しい言葉を作るわけでもないし、他の人が遊べる余白をたくさん作ってくれている。フォーマットとして非常に簡素にできているのが秀逸ですね。


●RADIO FISH「PERFECT HUMAN」
「武勇伝」の中途半端な部分を解消させるような大胆さがあってアッパレでした。芸人の作る音楽は、下手に小ネタを挟んで笑いを取りに行くよりも、リミッターが外れるくらいに本格志向を貫いた方が結果的にウケるという一例。


関連記事
スポンサーサイト

category: マイベスト

コメント

年間ベスト楽曲発表お疲れ様です。まさかエイルさんの「翼」が1位とは・・・私のブログで作成予定の年間ベストでの順位よりもさらに上に持ってくる人が現れるとは。つくづく活動休止が惜しまれますね。
さらにまさかのピコ太郎とRADIO FISH。もしもhawaiibemさんがサブコンに参加し続けていればどちらもサブコンベスト20以内に入ってたんだなということが分かりました。いつか気が向いたらまた月間マイベスト10も見てみたいです。

URL | えむけー #PcvYsX0w

2016/12/25 20:55 * edit *

Re: タイトルなし

>えむけーさん

いつも見てもらってありがとうございます。
誤解されているようなので一応書いておきますが、今回は年間ベストとしては作っていないので、順位は特に決めていません。アーティスト名順に曲を並べているので、エイル嬢が一番に書いてあります。今年は、聴いた曲の数が例年の20分の1以下まで落ちているので納得いくベストが作れなかった次第です。
サブコンについてはご指摘の通り、自分が参加していれば上位の状況がだいぶ変わっていただろうなという回が結構あったように思います。復帰の予定は今のところありませんが…

URL | hawaiibem #-

2016/12/26 21:23 * edit *

hawaiibem様 こんばんは
しばらくぶりです。

高橋優はこういう曲もあるのですね。
ずっと拳を握りしめているようなイメージ(いい意味で)
だったのですが、確かにこれは繊細です。

宇多田ヒカルは購入はしていませんが、
皆さん絶賛されていますね。
海外の影響を取り込んで日本風土に合わせた音楽が
歌謡曲だとしたら、やっぱりこれなのでしょう。
英語を日本語にするだけじゃなくて。

僕も
「PPAP」や「PERFECT HUMAN」を軽やかに語りたいものです。
面倒くさい自分になったものだと自問自答。

URL | ジェシー芝池 #-

2017/02/07 00:29 * edit *

Re: タイトルなし

>ジェシー芝池さん

どうもです。またお名前が変わったのですね。


> 高橋優はこういう曲もあるのですね。

こういう曲もあります。割と繊細な部分も上手いのですよね。


> 海外の影響を取り込んで日本風土に合わせた音楽が
> 歌謡曲だとしたら、やっぱりこれなのでしょう。
> 英語を日本語にするだけじゃなくて。

そうですね。今回の宇多田のアルバムは日本の音楽だなあという感じがいつになくありましたね。


> 僕も
> 「PPAP」や「PERFECT HUMAN」を軽やかに語りたいものです。
> 面倒くさい自分になったものだと自問自答。

普段紹介しているジャンルからかけ離れた作品に触れるのは勇気もいるかと思いますが、感想をちょっと読んでみたいです。

URL | hawaiibem #-

2017/02/07 23:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/547-bcc876ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村