hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

歌姫ピラミッド【2016年版 後編②】 

歌姫

なぜか4部構成になってしまいましたが、これで終わりです。


司会者「2016年期待の歌姫。続いてはアニソン部門を。」

hawaiibem「もともとアニメのブームや若手声優の動向には疎いので、これまで以上についていけていない印象が強いのだが、2015年デビュー組では西沢幸奏が光っていたよね。」



司会者「幸奏(しえな)と呼ぶんですね。キラキラですね。」

hawaiibem「シエナというと佐渡裕を想起するのだが、関係あるのだろうか。「吹雪」のインパクトが凄まじかっただけに、そこを越えることができるかといったところ。もう1人気になったのは、沖縄出身のMICHI。Elements Garden絡みのデビュー曲が気になっていた。沖縄のアニソンシンガーは初という宣伝文句があるのだが、本当なのか?」



司会者「アニソンシンガーの定義とは。」

hawaiibem「アニメの曲しか歌っていなかったらアニソンシンガーなのでは?」

司会者「GLAYとか仲間由紀恵は入らないわけですね。」

hawaiibem「そこはあまり掘り下げなくていいだろ。」

司会者「宣伝文句で言えば、謎のシンガーとしてデビューした暁月凛はいかがでしょう。」



hawaiibem「藍井エイル臭が半端ないね。この人自身は悪くないのだが、ソニーミュージックのこの手の企画はなあ…。」

司会者「ソニーに対してはいつも手厳しいですよね。」

hawaiibem「期待してなきゃこんなに言及しないよ。こういうベールに包んだようなやり方にはみんな辟易しているんじゃないの?」

司会者「でも、某国民的アイドルがアッチ系の作品に…という触れ込みを見たら期待しますよね?」

hawaiibem「しますね。」

司会者「そこははっきり言わなくていいです。」

hawaiibem「それで思い出したんだけど、『may'n 似ているAV』という生々しい検索ワードでうちにたどり着いた人、おとなしく出てきなさい。」

司会者「ちゃっかり検索ワードネタを復活させるのはやめてください。」

hawaiibem「あと、ソニーには瀧川ありさとかもいるじゃん。彼女は良い意味でクセがない。」



司会者「女性ソロ歌手はアニメとくっつけるか、ドラマとくっつけるかでその後の動向が変わってきそうですね。」

hawaiibem「最初のイメージって大事だからね。タイプは変わるが、A応Pというユニットはアイドルなのかアニソン枠なのか分からないのだけど、「はなまるぴっぴはよいこだけ」の中毒性がすこぶる高くて強く印象に残っていた。おそらく月間マイベスト10に入っていたと思う。」



司会者「おそ松さんのOP。和風の要素があるのが要因でしょうか。」

hawaiibem「絶望先生のキャラソンを思い出した。アニソンってやはり日本っぽい音楽の象徴になっているよね。端的に言うと歌謡曲のエッセンスが詰まっている。その最たる曲が藍井エイルの「ラピスラズリ」だったと思うのよ。」

司会者「やけに藍井エイル押してきますね。」

hawaiibem「まあ藍井エイルも良いのだが、大本命はAnnabel。メジャーとインディーを両立しているような活動をしているよね。School Food Punishmentの2名を含むバンドを結成してしまったので、これは期待せざるを得ない。」



司会者「sora tob sakanaの時に出てきたハイスイノナサも絡んでいますね。」

hawaiibem「ある意味、sfpを越えた布陣とも言える。アルバムリリースは果たしていつになるのか。ハイスイもそうだし、österreichのようなポストロック調の楽曲がアニソンとして抜擢されたことは、割と衝撃的な出来事ではあったね。」


司会者「最後にバンドについてですが、2015年の月間1位に選んだ楽曲がこんな感じになっています。全曲、男女混合で女性ボーカルがメインを務めるバンドで統一されていますが。」

2015年月間マイベスト楽曲一覧

hawaiibem「不正はなかった。」

司会者「あなたのさじ加減ですからね。」

hawaiibem「ぶっちゃけ、この手のバンドって一番売れてないよね。」

司会者「男性のみ、女性のみで構成されているバンドの方が売れていると。」

hawaiibem「うん。そういうバンドの方がファン層が明確な気がする。男女どちらかで統一されていた方が見た目だけでもバンドのコンセプトが伝わりやすいしね。これまで聴いてきた経験によるものだけど、男女混成の女性ボーカルバンドの一つの特徴は、メロディー的に一番『無茶』ができることではないのかなと。男性が女声を意識して楽曲を作る場合に一番ハードルの高い音程を入れることができるのがバンド形態なのではないかと思うんだよね。」

司会者「自分で作るシンガーソングライターや若いアイドルと比べればそんな気もしますが。月間マイベストに挙げたバンドで特に期待している組はいますか。」

hawaiibemMenozのアルバムはよく聴いたなあ。」



司会者「こちらも和風の要素がありますね。」

hawaiibem「パスピエよりも変に捻ったところがない分、勢いに乗ったら結構いいところまでいくのではないだろうか。」

司会者「いいところがよく分かりませんが。他にはいますか?」

hawaiibem「以前挙げたことがあるけど、アクロアイトとかいろいろないろみたいなタイプは惹かれるものがある。」





司会者「なんか複雑な演奏ですね。」

hawaiibem「最後に変わり種として、きくおはなを推しておく。バンドというかユニットだけど。」

司会者「コラボ作品といったところでしょうか。」





司会者「さて、宴もたけなわですが、このあたりでお開きにしたいと思います。」

hawaiibem「これ、宴だったのか。どおりで酔った勢いで書いたような部分が多いわけだ。」

司会者「予防線を張るのは汚いですよ。」

hawaiibem「むむむ。」

司会者「今更ですが、最後に2016年の抱負をどうぞ。」

hawaiibem「人間活動に専念していきたい。」

司会者「どこかで聞いたことのあるフレーズですが。」

hawaiibem「なかなかこういうところで文章を書く時間もなくなってきてね。」

司会者「別に文章を書くことも人間活動と言って差し支えない気がしますが。文章を書かないということは…ユーチューバーにでもなるのでしょうか。」

hawaiibem「ならねえよ。」

司会者「失礼、ニコ生主でしたね。」

hawaiibem「ならねえよ。」

司会者「生き恥を晒すようなことはしないわけですね。」

hawaiibem「そういう言い方はやめなさい。でも、真面目な話、こんなふざけた記事を書く余裕もなくなっているのは事実。」

司会者「真面目なのか不真面目なのかよくわかりません。」

hawaiibem「真面目にやってきたから、ここまで書けたのよ。」

司会者「どこかで聞き覚えのあるセリフですがスルーします。」

hawaiibem「どうぞ。」

司会者「実を言うと、私も今回で歌姫ピラミッドからは手を引きたいと思っていました。」

hawaiibem「ほお、それは急だね。何かあったの?」

司会者「教育委員会の方で禁止することが決まりまして。」

hawaiibem「それは組体操のピラミッドの話だろ。」

司会者「次回からは歌姫サボテンにしなくてはならない状況です。」

hawaiibem「なんで組体操つながりなんだよ。」

司会者「今後もこのブログには期待していますよ。」

hawaiibem「なんか期待されている気がしないセリフだな…っていい加減にせんかい!」

(おわり)

関連記事
スポンサーサイト

category: マイベスト

コメント

コメントをしようと思ってたのに遅くなってしまいました。

MICHIさんが挙がっていますね。
「Cry for the Truth」はかなり良かったですし、新曲「Checkmate!?」のテクニカルな展開もなかなかに面白かったです。

沖縄初のアニソンシンガーは同じく「本当に?」という感じですが、歌も上手いですしこれからが気になるところです。

URL | micarosu #-

2016/02/20 22:29 * edit *

Re: タイトルなし

>micarosuさん

沖縄出身バンドで言えば、HIGH and MIGHTY COLORとかFLiPとか、アニメタイアップで躍進したバンドがいるので、「沖縄」でプッシュする必要はないのかも。
「Checkmate!?」はアレンジが好きですね。作曲がまたしてもElements Gardenだったとは。

URL | hawaiibem #-

2016/02/25 00:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/542-79cfa74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村