hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

M-1グランプリ 2015 感想 

THE MANZAIの記憶が早くも薄れました。


というのも、私が漫才というものに本格的に触れたのはM-1第1回大会が最初であり、若手芸人のネタを観る習慣ができたのも、この番組があったからです。当時は関西弁のスピーディーな掛け合いについていけず、ネタの良し悪しが分かったのは翌年の第2回大会からだったと思いますが。そんなわけで、5年ぶりの復活は素直に嬉しいと思ったのと同時に、『伝説』と呼ぶにはあまりにも早いカムバックだったのではないかという複雑な思いも持ちつつ観ていました。


では、感想。

壮大なイントロダクションを経て、審査員として現れたのは歴代の王者9人。これまでのベテラン勢を完全に廃した思い切りの良さはある意味評価したいが、次があるのかはよく分からなくなったなと。大会ルールがこれまでと同じというのは非常に安心して観られたのと、不要だと常々思っていた芸能人ゲストが出演しなかったのは良かったです。


○メイプル超合金
「犬を飼いたい」サンミュージック所属のコンビ歴3年目。男女コンビであり、2人とも見るからにキャラ立ってそうだなという出で立ちでありながら、意外と教科書通りのオーソドックスなネタ運びが好印象だった。てっきり女性がボケなのかと思ったら、妙にガタイのいいコブラの方が輪をかけて変な奴だったのか。"お湯の煮込み"、"確定申告"、"Wi-Fi"といったボキャブラリーもなかなか。テンポの若干の悪さと最後の散らかった部分に甘さがあるが、男女コンビである点が良い意味で気にならない光るものを感じた。

○馬鹿よ貴方は
「おにぎり屋さん」ブラックとナンセンスを散りばめた独特の空気感。脈絡のないワードを繰り出すのは諸刃の剣であり、何を言い出すか分からない奴というイメージがTHE MANZAIですでに出来上がっていることで成立しているネタだと思う。自動ドアを無視して通り抜けるとか割と単純なボケを面白く感じさせるフリにはなっているようだが。"大丈夫"の連呼は放送事故チックで大丈夫ではなかった。SMプレイ並にツッコミがやられっ放しなのが特徴ではあるが、立場が逆転する展開があったら一皮むけそう。

○スーパーマラドーナ
「落ち武者の霊」伏線というほどではないが、フリをしっかりと終盤に活かしていく展開には思わず拍手。終盤の出来を気にする視聴者が多い(と思う)オンバトならボールがいっぱい入りそうなネタだなと。全体通じて満足度は高かったのだが、スケベな部分とガラの悪さがマイナスだったか。

○和牛
「結婚式を抜け出す花嫁」トレンディドラマにありがちな話を題材にロジカルな持論を展開させるネタ。結婚式を抜け出すという非常識さを常識をもって説き伏せるという構図になっている。常識側の理屈は至極真っ当であり、確かになるほどなという笑いは起こるのだが、掛け合いの面白さ・インパクトには欠ける。極端な話、漫談でも成立する。非常識VS非常識でぶつかり合うブラマヨってやはり凄いなと改めて思った次第。

○ジャルジャル
「映画」「スポーツ」お互いの違和感のある発言やアクションをひたすら拾い続けるダブルボケネタ。彼らのネタの中でもすでに知名度がある部類、というか最近このタイプのネタの印象しかない。漫才という枠を超えたやり取りが斬新ではあるが、すでにパターン化しておりストーリーを楽しむ部分がないことが残念。型破りな発想が功を奏して1位抜けをしたものの、2本目で同じタイプのネタを持ってくるM-1常勝パターンが飽きに転じてしまったため優勝は逃した模様。

○銀シャリ
「料理のさしすせそ」「音がうるさい」1本目はあいうえお作文的な定番のテーマではあるが、彼ららしく料理できていたと思う。ツッコミのボキャブラリーもさることながら、ボケも期待を裏切らない捻りがあった。2本目は"砂時計が目覚まし"の件が好きだな。手数も多く勢いもあり、限りなく優勝に近い完成度の高いネタではあったが、ピークを持ってくるのが少し早くも感じた。

○ハライチ
「誘拐犯」"○○の××"のようなフレーズと長いノリツッコミというパターンを浸透させておきながら、今回はそれを封印。決勝進出者で最も知名度があるはずなのだが、最も緊張していたように見えたネタ運び。最下位になるほど悪くはなかったと思うが、岩井の仕事量を増やした結果、変な空気が流れる時間まで増えてしまったのが敗因か。"贅沢をさせる"の流れは人当りの良い彼ららしさが出ていて好きだが。

○タイムマシーン3号
「太らせる能力」10年ぶりの決勝進出。デブキャラを余すとなく使った言葉遊びはボキャブラ天国を彷彿とさせるノリ。まさか"ジョイマン"でここまで笑いをとれるとは思わなかった。後半の展開のとおり、ツッコミは年を追うごとにどんどん前線に出てきているような気がする。ジブリのような版権モノを使うあたりに安っぽさを感じてしまったのは残念。

○トレンディエンジェル
「ハロウィンとクリスマス」「女の子にモテたい」敗者復活枠からの優勝。一気に掻っ攫ったね。髪はないのに華はある。この1週間で作ったであろうネタもあり、流行を取り入れるスピードが非常に早いことに感心せざるを得なかった。とことんくだらないのだけれど、ギャグあり、歌ありと緩急のある構成でとにかく楽しい。オンバトに続きこちらも制するとは…

関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/541-9c9968a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。