hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

MinxZone「この世で一番大切な日 songs」 

この世で一番大切な日 songs
MinxZone「この世で一番大切な日 songs」
1999年に大阪で結成された男女3人組バンド、MinxZoneのメジャー1st。
キャリアは長いですがメジャー進出は2011年と遅咲きである彼らの待望のフルアルバム。16曲70分越えとベスト盤並のボリューミーな内容になっております。彼らの楽曲の特徴は、優しさ、温もりにあふれた詞にあると思います。嫌味なところが一切なく、平易でありながらオリジナリティのある言葉選びは、正統派J-POP系アーティストの中でももっと評価されるべきではないかと思います。

"生まれたままの姿で"という意味のある「Birthday Suits」。造語かと思ったらちゃんとした熟語としてあるんですね。温もりある彼ららしい一曲。偽りの自分を好きになってもらっても何の意味もないがテーマの「コーヒー牛乳」。ピックアップしているところは非常に小さいんだけど何か分かってしまいますね。「空は見えますか?」はBメロの節回しがちょっとひねっていて好き。アップテンポの「OK TAKE」も難しいことを言っていないのに妙に詞に説得力がある。別れの曲「サヨナラのサイン」は純粋にメロディーが好きですね。基本的に私は出会いより別れの歌が好きなんでグッときます。「紙ピアノ」は本物が買えないから紙に書いたピアノを弾いていたという少女の頃の思い出がベースになっている曲。ある意味ネガなスタートなのですが、想像力豊かな少女の姿から音楽・夢への無限の可能性へと繋げていくポジティブさが素晴らしい。アニメタイアップ曲「そりゃそりゃそうじゃん ~新世代のマーチ~」は今作の中でも特に強烈なキャッチー曲。インパクトあり過ぎて作業が止まる。有線で流れたら聴かざるを得ないでしょう。ラスト3曲は配信リリースした3部作。この3曲も個性が強い。「ここから」は2番の"隣の芝は~"のくだりが面白かった。

オリジナルアルバムとしては曲順と量が気になりはしますが、各曲のクオリティーは高くまさに珠玉の作品となっています。小学生にも理解しやすいテーマが多く、万人受けする曲が揃っていると思います。たむらぱんより詞は分かりやすいが彼女同様もっと売れてしかるべきアーティストの一組。ただ悲しいかな、なぜかこういうきれいな詞を書く人に限ってなかなか売れないんだよなあと思う今日この頃。一応avex在籍ですか…

★★★★




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/51-f501c02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。