hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ゲスの極み乙女。「ドレスの脱ぎ方」 

ドレスの脱ぎ方
ゲスの極み乙女。「ドレスの脱ぎ方」
indigo la Endのボーカル川谷絵音が新たに立ち上げた4人組ヒップホップ・プログレ・バンド、ゲスの極み乙女。の1st EP。
バンド名が、某お笑いコンビがエンタの神様に出演した時のキャッチコピーみたいになっていますが、これはアリなのか(笑)indigo la Endはハマりそうでまだハマっていないバンドの一つですが、こちらのバンドは一聴してすぐ虜になりました。ヒップホップ要素は確かにあるが、プログレの要素はあると言えるのか?あえて括るのであれば、オルタナヒップポップと言う感じでしょうか。

1曲目の「ぶらっくパレード」はピアノのフレーズがたまらなく好きです。ピアノだけ聴くと"テスラは泣かない。"に似てるなと感じました。句読点つながり?歌詞は分かるようで分からない部分も多いですが、"友達が~"の部分はやけに頭に焼き付く。女性メンバーの語りが入る謎展開。MVの銃撃戦も謎。次の「モニエは悲しむ」で早速"ゲス"が登場。アレンジが自由奔放で目まぐるしい展開。"酒焼け"って言葉久しぶりに聴いた気がする。語り中心の「ゲスの極み」。このあたりのクサいメッセージ性の強調は好き嫌い分かれるかもなあ。「momoe」はAメロのちょっとアンニュイな雰囲気のトラックがいいですね。BメロはなんとなくRADWIMPSが頭をよぎる。声はちょっと似てるかも。ラストの表題曲「ドレスを脱げ」はギターが前面に出たアレンジの中毒性の高い曲。終盤の茶番寸劇が意味不明過ぎる(笑)

笑いを取りにきてるのか、大真面目に"ゲス"について主張したいのか、よくわからんことになっていますが、音楽自体は変則的で昨今のオルタナロックに基本的に近いものだと思います。とりあえずindigo la Endでやっている音楽とは似て非なるものなので、元々のファンがハマる保証はないですし、逆に私みたいに面白がって聴く新規のファンができることも考えられます。今後、二足の草鞋でどれだけ真面目に活動していくのか気長に期待します。

★★★★




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/48-50a14431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。