hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

tricot「A N D」 

A N D 【通常盤】
tricot「A N D」
京都出身の女性3人組ロックバンド、tricotの2ndフル。
世界を虜にする変拍子。

海外ツアー、フェスへの参加等、着実に活動範囲を広げているガールズバンド。彼女らの音楽の特徴は、不規則で展開が読みにくい『変拍子』ですが、キャッチーでつかみやすく不思議とノレる曲が多いと思います。

冒頭から突っ走る構成。『怒りのホルモン』とも呼ばれる神経伝達物質をタイトルに据えた「Noradrenaline」に始まり、文字通り走ってはときおり拍子を変えて翻弄する「走れ」、そしてシングル曲「E」と続きます。「E」はポストロック的な間と複雑なリズムにキレがあり、正規ドラマーの不在という状況をいとも簡単に克服するだけのパワーとテクニックに魅せられました。

「色の無い水槽」、「消える」、「食卓」は喪失や空虚を思わせるネガティブな歌詞が多いのですが、それを吹き飛ばすような疾走感とエモーショナル溢れる演奏が痛快でした。

今作のマイベストは中盤の「ぱい~ん A N D ver.」。ピアノの貢献度が非常に高いポストロック+ポストジャズな曲。急速にギアチェンジするサビ、インスト曲の一部を借用しているような贅沢さのある間奏と、ギターだけでは表現しきれない緻密さがふんだんに盛り込まれていて最高でした。

tricot流シティポップ?な曲調でウィスパーボイスが愛らしい「神戸ナンバー」と、庭→二羽→三羽→サンバとコミカルな言葉遊びと威勢の良さがピカイチの「庭」は今作の中でも異質な2曲でした。前者は赤い公園、後者はMAMADRIVEっぽいイメージ。このあたりのバンドとはやはり呼応する部分がありそう。

終盤も良曲ラッシュ。今作のアッパー曲の中でも最もサラッと爽快な気分を味わえる「CBG」。彼女らの曲でもスローな部類に入るアンニュイな「QFF」は長めにとられたアウトロも良い。シングル曲「Break」はラストとして清々しさを残してくれます。

1つの曲の中でも変則かつ変速な構成を取りながら冗長に感じる部分がなく、全体的にスタイリッシュにまとめ上げたなという印象。イッキュウさんのボーカルもよりパワフルになり、コーラスの使い方も上手くなっていますね。ドラマー脱退は痛手かと思っていたのですが、女子3人による本来のバンド編成に戻ったに過ぎず、ゲストドラマーによる音の違いを楽しむのも一興かと。前作「T H E」よりも聴きやすい気がするので、彼女らの作品を聴いたことない人はこちらから入ってみるのも十分ありかもしれません。

★★★★★


カッコE。


値段もお手頃ですねえ…って何だよこれ。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/469-d8719074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。