hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

GARNiDELiA「Linkage Ring」 

Linkage Ring (通常盤)
GARNiDELiA「Linkage Ring」
女性ボーカリストのメイリアとコンポーザーのtokuによるユニット、GARNiDELiAの1stフル。
アニソン界にもEDMの波が。

「SPiCa」等のボーカロイド曲でも名を馳せている『とくP』によるユニット、と説明するとニコニコ動画発アーティストという感じがしますが、実はプロとしてのキャリアも長い2人。デジタルサウンドを軸に密度の高い曲を取り揃えております。

本格派EDMの様相を呈した「PRIDE」に始まり、空を突き破るような疾走感が気持ち良い「True High」、エレクトロな音をこねまくった「Gravity」と序盤から飛ばしていきます。「BLAZING」はシングルの中で一番好きな曲。テンポよくキャッチーなメロディーを敷き詰めた展開は見事。

中盤はシングル曲のイメージとはかけ離れたアプローチの曲が多く、「フタリ座流星群」はガーリー度高めの歌詞にポップな曲調、「Moon Landing」や「march」は包容力を感じる優しめのタッチの曲が連続しています。「march」のストリングスを導入した間奏は好きですね。前半のクライマックス部分と言えそう。軽快でポジティブなダンスナンバー「Steps」はこのイントロからそのサビに行くか?という意外性もありました。

1曲目に雰囲気が近いデジタルアレンジの「Lamb.」以降の終盤は、シングルパワーもありクライマックスに向けて一層盛り上がった構成に。和風ロックの要素が強い「オオカミ少女」は今作で最もリピート率が高い曲かも。やはり民族要素が入ると安心するというか。ここから、シングル曲である「grilletto」、「ambiguous」が並ぶのは強力ですね。2曲の違いが分からなくなることがありますが。ラストのバラード「LiNKAGE」まで一貫して天体をモチーフにしているのは分かりやすくて良いです。

音楽的特徴をラフに言うと、CAPSULEよりもキャッチーで、fripSideよりもパワフル。まさにアニソンといったスケールの大きいアッパーな曲もあれば、スタイリッシュなダンスミュージックとしてフロアで流せそうな曲も収録。ボーカルのメイリアさんはハイテンポ楽曲に対しても音程を正確に取れる正統的な上手さがあります。逆に、歌い分けや声自体に突き抜けた特徴がないのが残念な部分とも言えますが、この辺は楽曲次第というところでしょうか。1曲目からゴリゴリのEDMを展開させた挑戦意識は買いたいですね。

★★★★


ダンスもやるのね。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/445-b5894343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。