hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

R-1ぐらんぷり 2015 感想 

平日には放送しないでもらいたいです。


○ルール
決勝進出者9名+「復活ステージ」を勝ち抜いた3名の計12名によるトーナメント方式。各ブロック4名の中の1位がファイナルステージへ進出し、3名がもう一度ネタをやり優勝を決める。


【Aブロック】
○ゆりやんレトリィバァ→ファイナル進出
「アカデミー賞の授賞式」山田花子みたいな中性的な風貌の女芸人。NSCを首席で卒業という偉いのかよく分からない経歴の持ち主。オスカー獲得女優による英語と関西弁をハイブリッドさせた一言ネタ。英語の発音が良いだけに関西弁によるネタが良いフリになっていた。ただ、肝心のネタの内容についてはまだまだ発展途上かな。ネタ終わり後に司会者に寄ってきたのが一番面白かった。

○あばれる君
「校庭の分割統治」小学6年生を相手に、仲間に演説する小学3年生。あるあると非あるあるの融合を劇画的に描く彼らしいネタ。「地上の星」をBGMにプロジェクトX風の様相。言葉選びは良いが構成は粗いな。いかに独りよがりにならないかが難しいタイプなだけに、後半の展開が弱く感じてならなかった。

○とにかく明るい安村
「いろいろな職業の全裸ポーズ」元アームストロング。パンツ一丁の出で立ちで登場。パンツを履いているのに全裸に見えるポーズを職業別に披露。なんというか宴会芸の域。AKB48の場合は股間以外も隠さないとダメじゃないのか。オチのお辞儀も全裸に見えるという徹底ぶりはよかった。

○COWCOW善し(復活ステージ3位)
「テトリス」映像を使った一人ツッコミネタ。可愛らしいタッチのイラストによる毒のないネタ。前3人に比べて非常にオーソドックスで安心して見られる内容だった。あえてアニメーション的にせずに、ブロック登場から落ちるまでの間を作ったあたりも上手いと感じた。強いて言えば強烈なインパクトが残らなかったというのがこの結果か。BGMも自分でやるんだ。


【Bブロック】
○厚切りジェイソン
「漢字」芸歴4ヶ月のアメリカ人。漢字のつくりと意味に着目して"Why Japanese people?"と雄叫びを上げる。ギャップによる笑いを生みやすい外国人キャラとしてのネタだけではなく、着眼点の良さが光っていた。エロやブラックもテンポよく混ぜてくるとは。"女を台に乗せて何を始めるんですか!?"が最高。

○エハラマサヒロ
「北斗晶による0.5秒モノマネ」久々の決勝進出。遠藤要という俳優のモノマネ…というか似ている人。伝わり辛いモノマネのオンパレード。これも構成ラフだな。だんだんベースとしている人のマネが似なくなってくるのは、ホリのキムタクあたりに近いものを感じる。『小田和正』や『亀仙人』とか見てるポイントは悪くないけど、爆笑取れるネタじゃないのは自明だろう。

○アジアン馬場園
「レジの店員」アジアンの太い方。客が買ったものから何を作るのか予想するパートのおばちゃん。客がいなくなってから、外に出てアレコレとバーコードを読み取るように茶々を入れる。弁当でテンション落とした件がピークだったな。全体的にボケが弱過ぎる。

○マツモトクラブ(復活ステージ2位)→ファイナル進出
「ストリートミュージシャンの客」いつまでも帰らない客とミュージシャンの掛け合い。演技力、ドラマ性、ボケのテンポの良さと素晴らしいセンス。演者のボケに対して音声によるツッコミが入るという構成も意外な目新しさがあった。内村さまぁ~ずで観たネタだったが、やっぱりハーモニカ吹き始める件にはお茶吹きそうになった。


【Cブロック】
○NON STYLE石田
「痩せるクリームのセールスマン」NON STYLEの白い方。クリームを塗ったらこんな変化が…というフリップ芸。まずあのCMってそんなに知名度あるのかというのが引っかかったが、それ以上に版権モノを使っておきながら予想を越えてこないボケが残念でならなかった。あばれヌンチャクがやったら、もっと勢いのある良いネタになっていたんじゃないかなあ…

○やまもとまさみ
「催眠術にかかった先生」前回の覇者。優勝したにもかかわらず露出が増えた様子がなく、今回も連覇を狙いに出場。生徒の催眠術によってティラノサウルスになった先生。コミカルな形態模写の達者ぶりが光っていた。いや、実際どうなのか知らんのだけど。ネタとしてはもう一つ状況転換が欲しく、物足りなさはあった。

○じゅんいちダビッドソン→ファイナル進出
「本田圭佑のショートコント」元ミスマッチグルメと言っても分かり辛いが、『本田圭佑のモノマネ』と言えばだいぶ通用するようになった人。ポカーンとなりそうなコントを演じた後に、独自の語録でそのネタの内容を説明するという流れ。一種の滑り芸みたいな構成なのだが、ネタの核を説明部分に置いている着想が面白かった。本物の本田に比べて瞬発力は皆無に等しいけど。

○ヒューマン中村(復活ステージ1位)
「五七五」"幸せな恋人たちの五七五"に対して"それを見たモテない僕らの五七五"を詠む非リア充なフリップ芸。こういうアプローチは2chの方が切れ味あるから、実際にテレビでやられるときついものがある。それはさておき、やっぱり引き込まれる力に欠けるのは、彼があまりにも常識人な素人の風貌だからだろうか。


【ファイナルステージ】
○ゆりやんレトリィバァ
「女スパイ」アメリカ人の細か過ぎるモノマネ。一個ずつのネタを繋ぎあわせただけの若いネタではあったが、出オチ的なキャラクターに頼らない、しっかりとした芝居と英語で挑んできた。友近のような一貫した世界が生み出せればさらに良くなりそう。

○マツモトクラブ
「神社のお参り」長過ぎる願い事に対して神様からクレームが入る。無双過ぎる神様に翻弄される参拝客。ちゃんとしたストーリーを短時間で作ってきているのが良いね。所沢嫌がり過ぎワロタ。

○じゅんいちダビッドソン優勝
「スーパーの店員をする本田圭佑」客のクレーム対応をする本田。そうそう、こういうコント一本で観たかったんだよ。マツモトクラブのネタも結構好きだったが、彼の方が持っていたか。本田というキャラクター以外での笑いも作れていたし、語録の当て嵌め方もよく練られていた。


【総評】
翌日の祝日に放送すれば良かったんじゃないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

category: お笑い

コメント

確かに放送日は土日にできないのかなと思いますね。そちらの方が視聴率的にも良くなるでしょうし。優勝者が近年ブレイクにまで至っていないのは放送日と時間帯が良くないことも原因なのでは。
それはさておき今年は全体的に面白かったと思いました。スベってる人はほとんどいなかったですし。あえて挙げればノンスタ石田か・・?元ネタのCMがあったとは全く知りませんでした。ちっちゃいおっさんはゆるキャラ好きの私には一発で分かったのに。

>本物の本田に比べて瞬発力は皆無に等しいけど
ナイスツッコミですね(笑)じゅんいちダビッドソンの1本目のネタはテンポが良いのか悪いのか分からないところがより一層面白かったというか。
私のブログにも書いた通り、一番笑わせて頂きました。見事優勝ということで、次は冠番組にて本物の本田圭佑さんに謝りにいく企画を楽しみにしたいです。どうか全国ネットで放送して欲しいですが…

URL | えむけー #PcvYsX0w

2015/02/10 23:45 * edit *

Re: タイトルなし

>えむけーさん

2時間遅れで視聴して書きました。平日にリアルタイムで観るのはきついですね。
規模の大きい賞レース番組の中でも、この番組の優勝者は一番ブレイクしませんよねえ。冒頭に、この番組から羽ばたいた的な知名度のある芸人の紹介がありましたけど、R-1関係なく売れている人たちばっかりでしたし。完全にスルーされている優勝者が多くて泣けてきました。

石田氏のネタは、井上氏というオモチャが不在の中でどういうネタをやるのかと興味はあったのですが、いまいち締まらない(ふなっしーの中の人の体は締まっていたが)ネタでしたね。ちっちゃいおっさんはゆるキャラの中では知名度がある方なのでは?その辺を使っておきながらイマイチだったのは確かですが。筋肉キャラが出てきたので、あばヌンを思い出して泣けてきました。
ちなみに元ネタのCMはこれです→ https://www.youtube.com/watch?v=Xz_JWZkqdRY

ダビッドソン氏の一本目は無回転なぞかけの延長な感じがしましたが、モノマネに留まらず、他の登場人物のいじり方も良くなっていましたね。テンポについては、独特の間を作って言葉を確実に伝えることに成功しているなと感じました。もっと一貫したコントをやればいいのに…と思っていたところにあの二本目が入ったので、良いシュートが決まったといったところ。本物との対談は是非とも実現してもらいたい、しないと番組をもらえる意味がないくらいですね。

URL | hawaiibem #-

2015/02/11 00:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/442-ae02c0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。