hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

アンダーグラフ「やがて咲く花達へ」 

やがて咲く花達へ
アンダーグラフ「やがて咲く花達へ」
大阪出身の男女3人組ロックバンド、アンダーグラフの6th。
優しさと強さで紡がれた珠玉の一作。

「手と手」はアイリッシュサウンドで行進するようなポジティブソング。テンポよく前向きな気分になれる。
「風を呼べ」はアニメ「弱虫ペダル」のED。自転車競技を題材にしたアニメということもあり、全身に風を受けながらも前へ突き進んでいく様が、演奏からも感じ取れて爽快。
「埋もれた花達へ 」は今作のマイベスト。エキゾチックなパーカッションを交えたマイナー調の曲であり、彼らの真骨頂ともいえる力強いメッセージとメロディーが秀逸だった。

「君に言いたいこと」はスローテンポでまったりとした音が安らぐが、そっと背中を押してくれるような応援歌になっている。
「ファミレスにて。」はカントリー調のアレンジに懐かしさを感じる曲。庶民的な風景をバックに、頭の中にある実直な思いをアウトプットしている。
「旅立ちの日」は前半のラストを飾る曲。語りかけるように君を送り出す歌詞。さすが「旅立ち」に定評があるだけのことはある。

「パラドックス」は熱気あるコーラスをバックに漢気のあるボーカルが吠える。ミドルテンポなのが一層勇ましさを助長させている。
「快楽天国」は3rdアルバムあたりを思い出す作風の曲。初期衝動的で語呂重視の歌詞といい、今作においては異質な存在とも言えるが、ピアノが跳ねていて好きだな。
「夢を話そう」は牧歌的で平和なワルツ。ヨーロッパの美しい自然の景色が目に浮かぶ。
「ツバサ2014 10th anniversary version」は2004年のデビュー曲「ツバサ」のリテイク。アコースティックなアレンジに変わっているが、やはり名曲だ。次は讃美歌Ver.だろうか。

「odore!!-hanero!!」はバイオリンの速弾きから始まるアイリッシュダンスな曲。冒頭の「手と手」とリンクしていると思うが、こちらの方が単純明快で快活な曲になっている。
「賽~sai~」はアッパー曲。サビがキレッキレでカッコいい。"球体飛ばす耐久戦"って何だろう。錦織?
「フォルム」も同じくアッパーでこれまた威勢が良い。終盤にきてアッパーなロックナンバーが並んだのは予想外だったが、期待を越えた出来だった。

メジャー再デビュー後、初のフルアルバム。冒頭からアイリッシュ音楽を取り入れてみたり、柔らかくオーガニックな響きのあるアレンジの曲が増えた印象を受けました。優しい言葉で表現されながらも芯の強さを感じる応援ソングは彼らの持ち味の一つでありましたが、こういった音との相性は非常に良く、良い方向に進んでいると思いました。それでいて、ロックナンバーにもこれまで以上にキレが感じられて、全体的に引き出しと振り幅が増した楽曲が集まったと思います。「ツバサ」のイメージしかない人にも自信を持っておススメできる一作です。

★★★★☆


もう10年経つのか…


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/429-6fa23166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。