hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2014年11月度マイベスト10 

サブコン
今回はサブコンにて投票した、2014年11月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
かなり「J-POP」な並びかもしれませんが、これが本質かもしれません。


10. かえる王国「新しくなったら」
今月のShoUehara氏マスタリング枠。若手バンド紹介でもピックアップ済み。童謡的で親しみやすいメロディーとボーカルに心と体が温まります。氏が制作に携わっている作品は間違いなく良作なのです。


↑嬉しかったので掘り返しました。


9. 平岡史也「Rebirth」
ピアノ系シンガーソングライター。初めて聴きましたが、こちらもリフレッシュソングとして良い仕上がりですね。ピアノの流麗さ、ボーカルやバンドのエモさが程よいです。やはりイントロが良いと最後まで聴いちゃうなあ。



8. fhana「星屑のインターリュード」
打ち込みアレンジでポップでポジティブな曲。切ないフックが、Aメロからサビまで至るところに散りばめられているのが素晴らしいです。さあアルバムの出来は如何ほどか。



7. THE ORAL CIGARETTES「STARGET」(アルバムレビュー)
今月の四つ打ちロック枠。隙の無いキャッチーなメロディーに、ここぞとばかりに入れてくるファルセットの良さが光ります。このMVを見てこのCMを思い出したのは私だけのはず。



6. でんぱ組.inc「でんぱーりーナイト」
どう考えても詰め込み過ぎなんですが、ミュージカル的な大団円ぶりがただただ楽しくて引き込まれます。夢のような時間なのに、それが覚めてしまうのではないかという一抹の切なさを孕んでいるのがこれまた良し。まーた玉屋の仕業か。



5. 中島みゆき「India Goose」
今月の大御所枠。紅白でのパフォーマンスは全出演者の中でも最高でしたね。この曲はアルバムのトリを飾る鳥ソング。大自然を生きる動物の力強さを、得意のドスの利いたボーカルで歌い上げる様は圧巻。カモとりごんべえのように空を飛んでいるみゆきさんを思い浮かべながら聴いています。(どんな状況だよ)



4. 中田裕二「薄紅」
作品を出すたびに円熟味と艶を増していきますねえ。目に映る情景と目には見えない心象風景を"薄紅"という色でリンクさせるという巧みさ。間奏のところも凄く良いです。音楽的な観点から、福山雅治が売れて、裕二兄さんが売れないのはどう考えてもおかしいと思い続けています。



3. Goose house「光るなら」
2015年のJ-POPにおいて最重要グループになると言っても過言ではない存在。メロディーの一連の流れ、各人の個性あるボーカル、個性がありながらも一気にまとまりを見せるアンサンブル。どれをとっても実に秀逸。彼らにはGoose繋がりで「India Goose」もカバーしてもらいたいですね、という無茶ぶり。



2. 植田真梨恵 「ザクロの実」
毎回ビジュアルが変わって見えるうえだまちゃんですが、今作を以って完成された感じがします。ギタ女のはずがピアノ主体の曲。この切迫感はたまりませんね。特にラストサビのボーカルの必死ぶりがツボなのです。



1. パスピエ「贅沢ないいわけ」
今月のパスピエ枠。またかと思われるかもしれませんが、月間1位はこれが初です。レディクレ効果で評価が一気に跳ね上がりました。今までは「はぐらかし」が多かった歌詞ですが、今回は素直な心情が反映されており、演奏の瑞々しさも相まって非常に気持ちの良い作品になっていると思います。


関連記事
スポンサーサイト

category: マイベスト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/425-7691cffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。