hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Amelie「メグリメグル」 

メグリメグル
Amelie「メグリメグル」
2010年結成の男女4人組ロックバンド、Amelieの自主制作1stミニ。
踊って泣ける歌謡ロック。

冒頭の「parade」から哀愁のあるメロディーが炸裂する。"パレード"と言ってもそこには楽しさや華やかさはなく、どこか俯瞰したような冷めた視点から物語が描かれている。
「メグリメグル」はリード曲。スピード感のあるダンサブルな展開に、焦燥や葛藤を表した泣きメロが秀逸。
「アネモネ」は今作のマイベスト。イントロからサビに突入するインパクト大な曲。UNLIMITS好きは確実に反応するな、このメロディー。別れをテーマにしているだけに切なさが増幅される。

「月夜に君とランデブー」は少々捻くれたリフでミドルテンポのA,Bメロを抜けると、サビでは一気に疾走感のある爽快な展開に転じる。比較的ポジティブメッセージなのか。
「Discommunication」はシンプルなギターリフでグイグイと引っ張っていくアレンジ。この辺まで聴き進めると安心感すらある。
「うわのそら」は哀愁メロのロックバラード。完全にしんみりさせるのではなくダンサブルな部分は残しているのが特徴的。

「ジレンマ」は前半の「アネモネ」と双璧を成す王道的な歌謡パンクロック。とにかく切ない。ピアノ入りの間奏からドラマチックに仕上げている点も素晴らしい。
「はなればなれ」はしっとり系のラスト。どんだけ別れれば気が済むんだよ。段々とエモくなっていく展開がグッとくる。
「僕だけの太陽」はシークレットトラック。弾き語りver.らしい。個性が強い曲ではないけど、メロディーがなんだか懐かしい雰囲気で良いね。

ポストUNLIMITSと言えるバンドが出てきましたね。アートワークにも同じ人を起用しているところを見ても、妹分と言って差し支えない気がします。自主制作盤ということもあり、音質が少々こもりがちなのが気になりはしましたが、楽曲そのものの質は高いです。哀愁のある歌謡曲ベースのメロディーラインが秀逸。ダンスロック的な要素を取り込んでいるのも今時っぽくて良いのではないでしょうか。小柄なボーカルのパワフルさも痛快。雨模様ではなくて曇り空みたいなモヤモヤを軽快に表現できていると思います。UNLIMITSの「夢幻シンドローム」で得た衝撃こそ越えられませんでしたが、それに近いセンスとパワーを感じましたね。今後も要注目の存在です。

★★★★☆


2:11のカットが好き。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/396-1fa65fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。