hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2014年7月度マイベスト10 

ダウンロード
今回は、Japanese Dream -we love jpop!-にて投票した、2014年7月度の楽曲マイベスト10を紹介します。
2014年後半戦スタート。10曲全てが月間1位をとれると言っても過言ではないくらい横並びな状況で、順位付けに非常に悩みました。


10. UNCHAIN「Spin My Head」
軽妙洒脱という言葉がよく似合う英語詞のナンバー。昔からある名曲をカバーしているのではと思うくらいに完成度が高くてカッコいいですね。これを聴いただけで、おしゃれピープルの仲間入りをした気分になれました。



9. Shiggy Jr.「LISTEN TO THE MUSIC」
今月の作務衣枠。最近の若手は寺で修行しているのが流行っているんですかね。それはさておき、2作目にして打ち込み主体に転じて超絶ポップな作りで攻めてくるとは。池田さんのアイドル級のあざとかわいさとプラスして策士ぶりが半端ないですね。



8. ayU tokiO「恋する団地」
今月のインディーポップ枠。新人かと思っていたのですがMAHOΩの人なんですね。歌い出しのファルセットから虜になりました。キンモクセイの伊藤さんの声を最初に聴いた時に近い感動ですね。こういう声好きです。楽曲は素朴で優しいポップスで、ノスタルジックな空気も漂っています。MVに出てくるのは光が丘団地。この界隈良いところですよ。



7. 大山藍「repair」
今回初視聴のシンガーソングライター。昨年のサマソニに出ていたんですね。瑞々しいボーカル+ロック+若干の歪みと、完全に私の好みを見透かされたような楽曲がまた出てきてしまいました。



6. TK from 凛として時雨「unravel」
彼のソロはバンド以上に打率が高いです。クラシカルな要素を持ち合わせていて、展開の起伏が激しいからでしょうか。しかし、これの上に5曲入るとは…



5. fox capture plan「疾走する閃光」
今月のインスト枠。タイトルのイメージとピッタリ合った心地よい疾走感。後半の転調もテンション上がりますね。新曲出るたびに好きになっている気がします。これで3作連続でマイベスト10入りですよ。見てますかー!Sho Ueharaさん!(私信)



4. でんぱ組.inc「ちゅるりちゅるりら」
一連のメロディーが綺麗にまとまっていた前作「サクラあっぱれーしょん」とは打って変わって、何だかプログレッシブでノリに食らいつくのがやっとなハイテンポぶり。濃いメロディーの見本市みたいな様相を呈していますが、一切合切をまとめきるヒャダインの凄さがよく分かります。がんばれゴエモンを思い出すなあ。



3. RONDONRATS。「GAME」
以前ピックアップしていたとはいえ、このメンツの中でこの順位はかなりの躍進ですね。イントロカッコいいなあと思って聴き進めていたら一気に引き込まれました。男性ボーカルのブリッジに二段構えのサビメロとスリリングかつ聴かせどころはしっかり作る構成が非常に良いですね。アルバム聴かねば!



2. バズマザーズ「スキャンティ・スティーラー」(アルバムレビュー)
スタイリッシュ下着泥棒ソング。高速テンポの若手バンドの台頭がめざましい中、ここまで切れ味と黒さを出せるのはやはり別格だと思いますね。



1. Perfume「Cling Cling」
今月は『勝つのは正義か悪か』というテーマでお送りしてきました(?)が、順位付けに悩んだ挙げ句、大正義の前に屈するという典型的なパターン。彼女らはオリエンタルが絡むと無敵です。とりわけ今回はMVもエキゾチックな要素が詰まっていて好きです。歌詞やダンスがあからさまに可愛いくてズルいんだよなあ。


関連記事
スポンサーサイト

category: マイベスト

コメント

上位の曲は軒並み良かったですが、その中でもバズマザーズのスタイリッシュな曲は印象に残ってしまいました。
このテーマでこんなにもカッコいい曲に仕上がるとは・・・歌詞によっぽど注目して聴かなければ下着泥棒の曲とは分からないですよ。
モーモールギャバンの「パンティー泥棒の唄」とは大違いですね(笑)こちらの方は以前カラオケで歌った時に友人から爆笑されたことがありましたが。
RONDONRATS。の新作アルバムはどっちが先にレビューすることになるでしょうかね。前作「DIMENSION TRIP」は最高傑作だと思うのでこちらの方も聴いてみることをお勧めしたいです。

URL | えむけー #PcvYsX0w

2014/09/09 00:03 * edit *

Re: タイトルなし

>えむけーさん

バズマザーズ、好感触で嬉しいです。
彼らの曲の中でも最高に切れ味のある曲になっています。テーマがゲスいのは前身のハヌマーンの時からありがちでしたが、有無を言わさぬカッコよさがありますね。

> モーモールギャバンの「パンティー泥棒の唄」
パンティーと言えば彼らですよね(笑)女性メンバーがいるにも関わらず、こういう変態さが出せるのはある意味清々しいというべきか…カラオケにも入っているんですね。ちなみに、私は相対性理論の「元素紀行」は必ずと言っていいほど歌います。

RONDONRATS。の新作は早速聴いてみました。まだ書いてないレビューが数作あるので、それ以降に登場ですかね。「DIMENSION TRIP」は去年聴き逃していましたね。聴いてみますよ。

URL | hawaiibem #-

2014/09/09 01:17 * edit *

hawaiibem様 こんばんは

ちょっとタイムラグがあって復習にちょうどいい記事ですね。

10. UNCHAIN「Spin My Head」
ポールウェラーが作りそうな感じの曲ですね。
JPOPと言われるともう少し日本らしい俗っぽさが欲しいところかも。

9. Shiggy Jr.「LISTEN TO THE MUSIC」
楽しみにしていたのですが、こっちに行っちゃったかという気持ち。
相変わらずクオリティーは高いのですがインパクトでは
前作かな。

8. ayU tokiO「恋する団地」
当ブログでもレビューを30分後に本日の記事として更新します。
ナイス・ナヨナヨですよね。

5. fox capture plan「疾走する閃光」
これも記事ストックしてあります。今回初めて聴きましたが、すごく整理されたインスト・バンドで親しみやすかったです。

3. RONDONRATS。「GAME」
なかなか捻くった展開で凄いですね。ただ音圧が強すぎてじじいには辛いっす。



URL | GAOHEWGII #-

2014/09/12 19:34 * edit *

Re: タイトルなし

>GAOHEWGIIさん

> ちょっとタイムラグがあって復習にちょうどいい記事ですね。
嬉しいです。そして流石です。

> ポールウェラーが作りそうな感じの曲ですね。
> JPOPと言われるともう少し日本らしい俗っぽさが欲しいところかも。
純粋に洋楽聴いているみたいな感じになります。
ポールウェラーの息子さんはJ-POPデビューもしているんですね。

> 楽しみにしていたのですが、こっちに行っちゃったかという気持ち。
池田さんのアイドル性を強調してバンドとしての魅力が薄れた感はありますね。
こうなってくるとソロになる可能性も考えられます。

> 当ブログでもレビューを30分後に本日の記事として更新します。
> これも記事ストックしてあります。
ayU tokiOは当然カバーしているとは思いましたが、fox capture planも聴かれていましたか!
記事楽しみです。

> なかなか捻くった展開で凄いですね。ただ音圧が強すぎてじじいには辛いっす。
上位は激しい曲が並びましたね。最近の好みはこんな感じなのかなと。

URL | hawaiibem #-

2014/09/12 23:07 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/363-6f55ba5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。