hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

吉田ヨウヘイgroup「Smart Citizen」 

Smart Citizen
吉田ヨウヘイgroup「Smart Citizen」
2012年に吉田ヨウヘイを中心に結成された男女混成バンド、吉田ヨウヘイgroupの2nd。
都市に息づく上質なハーモニー。

「窓からは光が差してきた」はシンプルなピアノから始まるイントロ。まどろみの中、ゆっくりと朝日が昇る情景が目に浮かぶ。
「ブールヴァード」はリード曲。冒頭から笛フェチ歓喜。ミニマルなリフを基軸に管楽器中心のアンサンブルがなんとも気持ちがいい。メロディーは割とキャッチーで、女声コーラスとの掛け合いのあるサビも優しい響き。
「アワーミュージック」も好きな曲。素朴な男性ボーカルに加え、女性陣の歌うノスタルジックなサビのメロディーが親しみやすく癒される。

「前に住んでいた街」はアレンジがシンプルなまったりとしたポップス。休日の午後といった印象のピースフルなひと時。
「12番ホーム」は、管楽器どうしの掛け合いがちょっとコミカルなリズムを生み出していて面白い。
「新世界」は今作で最もアッパーといえる躍動感のある展開。中盤からテンポがスローに転じる。"なかったことにできるかな"という詞が後を引く。

「ドレスはオレンジ」はリズミカルでコーラスが洒落ている。レトロな佇まいなんだけど、ノリの良さは色褪せない。
「ロストハウス」は1分以上のイントロでアンニュイな空気を作り出して上手いなと。靄がかかったような世界。
「錯覚が続いてる」はゆったりとしたラスト曲。前向きさはあるものの明快な言葉を選んでこないのが今時らしい…のか。

東京インディーズの最前線にいる一組。この界隈のバンドはハマるものとそうでないものの差が激しいのですが、このバンドに関しては、素直に良質な音に浸ることができました。テナーサックス、フルート、ファゴットといった管楽器が演奏の中心にいることが特徴で、有機的なアンサンブルに心が落ち着きます。『和製Dirty Projectors』とも呼ばれているようですが、確かに女声コーラスが入り込んだり、オーケストラ的な演奏になっている点は近い部分があるかと思います。洋楽の影響はもちろん、古き良き邦楽のニューミュージックのような親しみやすさがメロディーや歌詞にあり、良い意味で庶民的な雰囲気を持っているところにも好感が持てました。おそらくメンバーは流動的に変わったり、様々なバンドとのコラボもありそう(現に今作でも参加している)ですが、いろんな音楽が集まってくる中心的な存在としての活躍に期待したいです。

★★★★☆


「ブルーバード」だと思い込んでいた時期が私にもありました。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/361-de35c2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。