hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

LACCO TOWER「狂想演奏家」 

狂想演奏家
LACCO TOWER「狂想演奏家」
2002年結成の男性5人組ロックバンド、LACCO TOWERの自主レーベルからリリースされた初のフルアルバム。
前作「続・短編傷説」の感想はこちら
いやー恐れ入った!最高傑作ですね。

「狂想序曲」は3分のインスト曲。徐々に盛り上がりを見せていき、次への期待がどんどん膨らんでいく展開。
「蕾」はリード曲。穏やかなピアノイントロ、それを切り裂くように入るギター、そして荒々しいボーカルと一連の流れが様式美と化している。自分自身の生き様を貫いた力強さを感じるメッセージも魅力。
「恋人」は今作のマイベスト。イントロの叙情的なピアノが早くも涙を誘う。純愛ソングとでも言うべき別れをテーマにした曲なのだが、LACCO TOWER史上最高に美しいロックバラードではないだろうか。

「奇妙奇天烈摩訶不思議」はジャズパンクな装いでいつになく荒っぽいボーカルと洒脱なメロディーラインが良いコントラスト。歌詞も含めカオスな内容だが、発散し過ぎない納まりの良さがあるアンサンブルが面白い。
「杏子」は前作ミニアルバムの収録曲。メロディーの繋がりが綺麗で好きなんだよなあ。
「橙」は代々続いている果物シリーズの新曲ということか。予想が外れたな。落ち着きのある曲調で、ノスタルジックでムーディーな歌謡ポップス要素が強いメロディーが良い。
「新世界」はコーラスも交えた神々しいイントロから始まる新機軸な曲。雲の間から光が差し込んでくる情景(薄明光線)を想起させて清々しさ抜群。

「青年」も清々しい曲だなあ。若者への応援歌のようだが、ポジティブ一直線な表現になっておらず、夢ばかりではなく現実もしっかりとメッセージに含むことで余計に温かみを感じる。
「少女」は彼らとしては斬新な試みであるデジタルアレンジの曲。唱歌ベースのコミカルな曲調で割りと最近のロキノンにも則した部分があるかも。
「組絵」はハートフルなラスト。これで「パズル」と読む。穏やかなボーカルと一体感のあるバンド演奏による温かい曲調。変拍子の構成も盛り上がる。エンドロールが脳内を流れたよ。

タイトルである『狂想演奏家』とは元々彼らが自称している造語であり、まさに今作はセルフタイトルと同義のアルバムとなっています。『狂騒』とか『狂奏』ではなく『狂想』としているのが彼らの音楽性を上手く示しており、内在する『狂』を様々な楽曲で表現した構成をとっています。バラエティに富んでいるのですが、全体通して真っ先に感じたのは美しさですね。荒々しいけど美しい。キャリアを積んできた彼らの独自の美学というものを感じます。ジャジーでキレのある演奏の「奇妙奇天烈摩訶不思議」、神聖なコーラスワークを含んだ「新世界」、デジタルロックな「少女」といった新しい一面を見せた曲も多く、いずれもこのバンドらしさがしっかりと反映されていました。やはり歌謡曲がベースにあることが安心感を生んでいるのでしょうね。自主レーベルを立ち上げて初の作品となりましたが、絶好のスタートを切ったと思います。歌謡ロックリスナーとしては間違いなく必聴盤です。

★★★★★


ボーカルの松川氏のスーツ姿は良いものです


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

hawaiibem様 こんばんは

確かに強烈に歌謡曲していますね。
アツイ支持も納得です。
甲高いサウンドとBPMの速さで
自分自身が振り切られてしまった感はありますが、
ハキハキした楽曲は好印象でした。
なんだか、全力で守りに着く高校球児をひいきする
おっさんな気分です。
かなりきちんとしていますね。

URL | GAOHEWGII #-

2014/08/17 03:19 * edit *

Re: タイトルなし

>GAOHEWGIIさん

>なんだか、全力で守りに着く高校球児をひいきするおっさんな気分です。

熱い曲ですよね~。
彼ら自身、球児を応援するような曲を書いてみても面白いなと思います。

URL | hawaiibem #-

2014/08/17 22:30 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/352-9b70065e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。