hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

NIKIIE「equal」 

Equal[初回盤]
NIKIIE「equal」
茨城出身の女性SSW、NIKIIEの2ndフル。
デビュー作「春夏秋冬」が各所でプッシュされ、このままの勢いで売れっ子の仲間入りかと思ったら、この1年ばかりはすっかり周りがおとなしくなってしまった印象。ただ、昨年はコツコツとミニアルバムを出して今作のリリースに至ったわけです。そのミニアルバム2作は聴いていなかったのですが、今作を聴いてみたら結構良作だったのでご紹介します。

アルバムコンセプトはミニアルバム2作の流れを受けて"光と影"が大きなテーマになっています。"光=影"、"光+影=NIKIIE"という意味でこのアルバムタイトルが付けられたらしいです。まあ、光あるところに影はできますからね。コンセプトとしては、大々的に言わなくとも様々な音楽で見受けられるありふれた対立軸だとは思いますが。
最初の「Introduction」からの「Morning in the dark」で最初からクライマックスモード。
こんな曲も作るんだと意外性のあった「Un Deux Trois!」。サビ前のインド風フレーズが印象的。Aメロの雰囲気はBONIIE PINKっぽい。
「カナリア」は明るめで可愛らしさもあるポップな曲ですが、Bメロが好きです。例えて言えばCrystal Kayの「恋におちたら」のBメロを聴いたときの感覚に近い。サビ前のメロディーの方が好きになるパターン。伝わりづらいか。
ハウステンボスのCM曲だった「LIGHT」。「春夏秋冬」を想起させる彼女の得意分野というべき今作の核となる楽曲。導入から割りとベタな部分もあるのですが、声との相性も良くて前半を締め括る盛り上がりのある曲だと思います。
「Duty Friend」はルパンの曲。なんだかんだタイアップはいろいろついてるんですね。ここからの影のある2曲も良い出来。
前半でだいぶお腹一杯になっているせいか、ミニアルバムからのキャッチーな2曲がありながらも後半はいまいち印象に残らなかったのが残念。ここでもう一つガツンとくるものがあれば真の名盤でしたね。

YUIは活動休止、絢香は復帰したが以前ほど好きになれない。彼女らを追随するmiwaや家入レオでは何か頼りない。個人の見解ですが、そういうJ-POP系の若手SSWの最近の事情からすれば、NIKIIEのような存在が割って入る余地が十分あるなと今作を聴いて思いました。

★★★★☆




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/34-3bba78ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。