hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

スプラウト スプラウト「ポニーテール/ミリオンセラー」 

スプラウト スプラウト
スプラウト スプラウト「ポニーテール/ミリオンセラー」
2014年発芽の男女4人組バンド、スプラウト スプラウトの2曲入りCD。
期待のバンドとしてこちらで特集済み。(知らない方はこちらから見ましょう)
ライブ会場で入手可能(通販もあるっぽい)なこの作品を、かねてからのファンの方から頂きました。ありがたいことです。

「ポニーテール」は歌い出しは大人しく可愛らしい女性ボーカルと質素なアレンジの構成だが、登場人物である"僕"と"あのこ"との距離が離れていく切なさが積もっていくたびにバンドアンサンブルに動きと奥行きが出てくる。中盤からはオルタナティブなギターリフとシンセの深みのあるアレンジが幻想的な世界を演出。アウトロの攻撃性の高いギター演奏は、序盤では想像もつかなかった展開で引き込まれる。

「ミリオンセラー」はミニマルなシンセのリフに歯切れのよいボーカルが乗るAメロ、Bメロを経て、中盤はダンスロック的にテンポを上げていく。サビは澄んだボーカルが儚くて胸に沁みる。ラストの転調でさらにグッと来た。これはミリオンセラーになってほしいよ。

2014年のダークホース。透明感のある少女的なボーカル、まめさんの声が非常に好みで癒されるのですが、バンドとしてもかなり技巧的なことをさらっと成し遂げているのではないかと思います。SoundCloudにある「カーネーション」を入れてわずか3曲しか聴いていませんが、そのアレンジと展開の多様さから、ポップスとしての聴きやすさとオルタナティブで一筋縄ではいかないマニア性を見事に両立させていることが窺えます。2010年代の邦ロックにおいて個人的に大きな影響を与えた2大バンドである相対性理論とschool food punishmentのエッセンスも、このバンドには含まれているような気さえします。恐るべき才能。今後の活動にも目が離せません。

★★★★★


「カーネーション」はフルで視聴可能。上のジャケットを押すと公式ページに飛びます。
け、決して回し者ではないよ!


※追記
ボーカルのまめさんからコメントを頂きました!ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

hawaiibem様

こんばんは

昨今のエレクトロ・ポップの流れを受けつつ、
ポーティスヘッドなどのゴシック、ポストロック系の影響も融合させた音楽性かな、と思いました。

幻想的なイメージの中で、キャッチーなメロディーが映えていていいですね。

URL | GAOHEWGII #-

2014/07/06 17:10 * edit *

Re: タイトルなし

>GAOHEWGIIさん

ポーティスヘッドですか。メモメモ。ポストロックぽさは確かに他の曲を聴いてもその影響を感じますね。
試聴できる曲が1つしかないですが、期待のバンドとして広く知ってもらいたい存在なので、是非是非お見知り置きを。

URL | hawaiibem #-

2014/07/06 19:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/327-8baa69dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。