hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

MAMADRIVE「妄想天国」 

妄想天国
MAMADRIVE「妄想天国」
神戸出身の女2+男1の3人組ロックバンド、MAMADRIVEの1stミニ。
2012年の聴き逃し組の中でもかなりの秀作。年内に聴いていれば上位30枚入りもありましたね。
チャットモンチーを始め、豪華なメンツによる推薦コメントもあり、業界内での評価も高いようです。
音楽性は、変則的で激しめのオルタナロックに分類されますが、メロディーは至極キャッチー。

1曲目の「鍵がない」から緊張感のあるスタート。
「welcome to night」は今作で最もダンサンブルなナンバー。"ハロー"を連呼するサビがキャッチーさを相乗させています。さりげなくグロい歌詞もありますが。この手のバンドの特徴として、アレンジで複雑なことをしつつも、ここぞというところで超単純明快なものをもってきて求心力のある曲にする人が多いような気がします。
"食べてしまいたい"を連呼する「蛇の女」もコワい(笑)この歌と関係あるか分かりませんが、公式サイトのトップページ出てくるメデューサもコワいんですよ。
比較的大人しい「暗い夜」から「夜のばけもの」への流れも秀逸。自然過ぎて曲変わったの気づかなかったです。
タイトル曲の「妄想天国」もダンサンブル。全編言えることですが、ポップスとしての勘所もしっかり得ています。
隠しトラックの「この恋が終わる前に」は男性ボーカルも交えた一味違う楽曲。HYあたりが歌いそうなきれいなポップスですが、これがまたいい曲。こういう路線もいけるとか末恐ろしいな…

今後の常連組としてヘビーローテーションするインパクトあるバンドが現れたなと思いました。
私が知っているバンドで例えるなら、FLiPよりトリッキーで、Heavenstampよりキャッチーで、tricotより洗練されている音楽だと思います。これらのバンドが好きな方はぜひ聴いてみてほしいです。

★★★★☆

関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/32-0c531f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。