hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

テスラは泣かない。「TESLA doesn’t know how to cry.」 

TESLA doesn’t know how to cry.(初回限定盤)(DVD付)
テスラは泣かない。「TESLA doesn’t know how to cry.」
鹿児島出身の男女4人組ロックバンド、テスラは泣かない。のメジャー1st。
前作「Anderson」の感想はこちら
これまでの集大成、そして始まりを示した名盤です。

「Cry Cry Cry」はリード曲。得意のピアノリフからエモーショナルなバンドアンサンブルが全力で繰り出される。胎児の泣き声をイメージしたキーボードの飯野さんのシャウトも熱い。
「Lie to myself」はシングル曲。『自分に嘘をつけ』という一風変わったタイトルで、一見理知的でありながらスポ根的な力強さのあるメッセージが特徴。メジャーでもその魅力を十分発揮したカッコいい2曲が続く。

「my world is not yours」は3回目の収録だと思われるが、クセになるピアノリフに始まり好きな曲だわ。これまで以上に演奏に余裕を感じるが。
「fuga」も独特なフレーズの応酬で、ベースラインだけ追い続けてもノレる曲。割りとミニマルなんだけど何度聴いても飽きない展開の面白さ。
「めんどくせえ」は男女デュエット曲。飯野さんどんどんボーカル参加しているね。良い傾向。曲のテーマもデュエットにふさわしい男女関係を示していて、今までよりストレートに伝わったような。

「Arc」は今作唯一と言ってもいいくらいボリューム控えめなミドルテンポの曲。タイトル表記が変わったのだが既発曲。音により迫力が出てボリュームも増しているね。
「cold girl lost fiction」も「Arc」と同時期に発表された曲。抑えめな歌い出しから一気に派手な展開に弾けるところが最高。
「パルモア」は最初の自主制作盤に収録されていた曲。ボカロ絡みで一部で話題にもなっていたような。改めて最近の曲と比べると歌詞が尖っているなあ。音がさらにカッコよくなっている。

「シャドウ」はギターイントロで始まるのが意外と珍しいなと思った。疾走感とノリが良くてライブで手拍子しているのを妄想した。
「Someday」はいきなり混声で高らかに歌いだす熱気のあるラスト曲。人は『いつか』死ぬという意味が込められたテーマで、今をどう生きるかを力強く歌っている。生で始まり死で終わるという構成は、医学の道を志していたメンバーもいる彼ららしい。スリリングでドラマチックな展開で、終盤は村上さんの語りも入る。テスラ史上最高に熱い曲じゃないか。凄え!

インディーズ時代の曲の新録5曲+メジャー進出後の新曲5曲の構成。理性と感性のバランスが秀でたこのバンドの醍醐味を1枚に凝縮しています。サウンドプロデュースには前作同様クラムボンのミトさんが携わっており、新録の過去曲も新鮮な気分で聴くことができました。新曲の方は1つくらい大人しいあるいは変則的な曲が入ると思っていたのですが、『マグマロック』と称した彼らの代表的なスタイルであるスピード感のある熱い曲ばかりでしたね。5曲ともそうだったのですが、女性ボーカルを織り交ぜるスタイルは今後も定着するのかな。過去曲に全く引けを取らない秀作揃いでひたすらカッコいいです。全力を出し切りましたね。好きな曲は他にもありますが、名刺代わりのベスト盤と言って間違いないでしょう。非常に良い滑り出しを見せてくれました。

★★★★★


初回生産限定盤のDVDに収録のライブの様子はこちらで報告済み。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

hawaiibem様 こんばんは

テスラは泣かない、ってバンド名。気になっていました。

下はテスラのyoutubeです。今年新譜出しました。

http://www.youtube.com/watch?v=uVRGw7LhIOE

テスラって磁束密度ですよね。それともテスラ・コイルは泣き虫ではない、ということを言いたいのかな、と気になっていました。

それはともかく。
音はフジファブリック〜サカナクションの流れを組む
ダンサフルなキーボード・ロックですね。
山場のつくり方がシンプルで分かりやすくていいと思います。
仰るとおり、女性のシャウトが効いているのもグー。

URL | GAOHEWGII #-

2014/06/30 16:41 * edit *

Re: タイトルなし

>GAOHEWGIIさん

テスラの紹介ありがとうございます。結構なベテランですね。
こちらはストレートに磁束密度の科学者テスラから名前を拝借しているのかあ。

テスラは泣かない。については直感的に言葉を作ったみたいなので深い意味はないみたいですが、
アルバムタイトルの英訳はちょっと捻りがあっていいなあと思っています。

自主制作盤を作っていた頃から知っているイチオシバンドなので、
褒めて頂いて嬉しいです。ピアノのフレーズがどの曲もいいんですよねえ。

URL | hawaiibem #-

2014/06/30 22:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/313-d98c69fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。