hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

アカシック「コンサバティブ」 

コンサバティブ
アカシック「コンサバティブ」
2011年結成の男女3人組ロックバンド、アカシックの1stミニ。
ジャケがエロい!

「終電」はリード曲。シティポップならぬシティロックな佇まいで一気に駆け抜けていく展開。やや気怠く歌う女性ボーカルは椎名林檎ライクだが、年端のいかない少女っぽさはこちらの方が強い。
「ツイニーヨコハマ」はもう一つのリード曲。ピアノを交えたバンド演奏でこちらもテンポよく進む展開。2段階構成のサビが語感も含めてすこぶるキャッチーで中毒性が高い。ふとやって来るノスタルジーとセンチメンタルも素晴らしい。
「好き嫌い」はシュールな歌詞のユルユルな雰囲気に脱力する曲。年号の語呂合わせの件は、受験生は要チェック。
「秘密のデート」はサビの弾け具合に後藤まりこっぽさを感じる乙女チックな曲。めんどくせえと思ってはいけない。

「幸せじゃないから死ねない」は"ホスト"とか"風俗嬢"とか擦れた感じのワードが耳に残るが、割りと純真無垢な娘なのかもと思わせる曲。
「有楽」はノリの良さは今作随一。ちょいちょい何言っているんだこの人って感じになるが、ここまでくると慣れてくる。
「プラチナ文明共創」は変拍子に振り回されるが陽気なアレンジが割りと好き。
「ロマンス」は1曲目ともリンクしているような歌詞で、終始浮遊感に包まれたような夢見心地な気分を味わう曲。流れるようなピアノ間奏が良い感じ。

R-18の邦画のような官能的なジャケットからして妙なインパクトが残る作品。ざっくり言うと(相対性理論+東京事変)÷2。邦ロックの女性ボーカルバンド特有のめんどくささを踏襲したような音楽性が鼻につく人は少なくないでしょうが、音楽的な部分を素直に聴けば技術的にも難なく面白い曲が多いです。見た目程ドロドロした部分はなく、さらっとピアノが小気味よく入るジャズをベースとした曲が多いのも特徴。冒頭2曲がだいぶハマったのですが、その後がちょっと尻すぼみな感じがしました。ボーカルの表現力とメッセージ性の中途半端さをブラッシュアップしたらもっと面白くなるかも。対象年齢は高めだけど、オトナだけが聴く音楽と限定もできない、不思議なモラトリアム感が漂う作品。

★★★★


青いヤツ誰だよ…


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

hawaiibem様 こんばんは

 この曲だけだと相対性理論の色が濃く思えましたが、ほかの曲は確かに椎名林檎っぽさがありました。
おっしゃる通り、ヴォーカルの力量に問題がありそうです。
まだ個性を確立する前の段階みたいなので、
今後に期待ですね。

URL | GAOHEWGII #-

2014/06/15 17:07 * edit *

Re: タイトルなし

>GAOHEWGIIさん

この2組に近いバンドは数多くいますから、なかなかの激戦区に飛び込んだなとは思います。
とりあえず「ツイニーヨコハマ」だけ繰り返し聴きまくっている状態ですが、一つでも二つでもこういう曲があると今後が楽しみになりますね。

URL | hawaiibem #-

2014/06/15 20:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/297-690eab66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。