hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ねごと「"Z"OOM」 

“Z
ねごと「"Z"OOM」
千葉出身の4人組ガールズバンド、ねごとの2ndミニ。
前作「5」の感想はこちら。さらに垢抜けた感じがしますね。

リード曲の「真夜中のアンセム」は過去のシングル曲と比べると渋めなダンサンブル曲。パーカッションやシンセが良い味。
「Dreamin'」は前曲よりもテンポ速めにサビは割りとパワフルな展開。声質上、パワフルが似合わないボーカルが気になるところではあるが。
「M.Y.D.」はやや緩めで余裕のあるテンポに新しい風を感じる。みんなでワイワイ楽しみながら作った跡が見られ、遊びの要素も豊富。"恐竜"とか出てくるあたりがいかにもこのバンドらしい。

「風惹かれ」は冒頭のシンプルなリフに一瞬tricotっぽさを感じるが、tricotほど変則的ではない進行で爽やかに疾走する。
「迷宮ラブレター」はよく読むと訳が分からなくなるSFチックな歌詞はさておき、ちょっとスペイシーで近未来な音使いがマッチしていて良かった。終盤のかしこまったメッセージのところのメロディーが好き。
「勲章」は今作唯一落ち着いた調子でラストを締める曲。歌詞が引っかからないのもあってか印象に残らない。それよりも『しまじろう』が映画化されていたことにびっくりだよ。

前作のフルアルバムは良くも悪くも江口亮のアレンジが目立っていた部分があり、過渡期なのかなあというお茶を濁すような感想を書きましたが、今作はそこを通過して自分らなりの洗練された音楽を作ってきたという印象を持ちました。この流れはおそらく「シンクロマニカ」が起点になっていると思いますが、この曲が収録されていないのが残念なところ。これまでに比べると、テーマにしているところは相変わらずフワフワとリアリティ薄めな世界を描いていますが、音楽的にはメリハリをつけてプロっぽさが向上したように感じます。全体的に達者になったのはいいのですが、素人っぽいヘンテコさが薄れて本来の面白さに欠けるというジレンマもあるなあと。いろいろ模索しながらやっていけばいいと思いますが。

★★★★


大人っぽくなったね


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/284-a50133aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。