hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

TK from 凛として時雨「contrast」 

contrast
TK from 凛として時雨「contrast」
ロックバンド、凛として時雨のギターボーカルであるTK(北嶋徹)の1st EP。
2012年の個人的ベストアルバム「flowering」以来の待望の作品。今回も凄まじいです。

「contrast」はピアノイントロから始まり、クラシカルなバンド演奏と柔らかいコーラスにより綺麗に音を紡いでいく。構成の美しさに惚れ惚れとするね。
「Dramatic Slow Motion」はタイトル通りスロー…ではなく、前曲よりハイテンポでダンサンブル。"感覚研ぎすませ"と囁くようなハイトーンボーカルに言われると妙に説得力がある。
「Crazy Tampern」は超攻撃型でカオスに音が乱れうちする展開が実に痺れる。息詰まるくらいにアンバランスな構成なのだが、一気に3分間走り抜ける様は痛快。
「illusion is mine」は凛として時雨のカバーでありライブバージョンを収録。これは原曲が好き過ぎるので、それを越えた感動こそ得られなかったのだが、ボーカルにスポットを当てたキーボードのみのアレンジに哀愁が漂っていて良い。
「涙の旅路」は初恋の嵐のカバー曲。バンド名こそ知っているが曲を聴くのは初めて。アコースティックで落ち着いた雰囲気でラストを締める。

信者的発言ですが、とにかく前半3つの新曲が神懸っています。凛として時雨では出せないスリリングでダイナミックかつセンシティブでセンチメンタルな音が洪水の如く流れていきます。無秩序なサウンドの中にポップが潜んでいるのが彼らしさがあって面白いところです。ソロ作ならではの特徴はやはり緻密なアレンジですかね。攻撃性も孕んでいるのに息を飲むくらいに美しいと感じます。ここに345のボーカルが入っていたら…という思いもありますが、ここはぐっとこらえてTKのボーカルを楽しみたいところ。後半2曲はクールダウンに近いカバー曲連発だったのがいかにもEP仕様という感じで物足りなさはありましたが、新曲勢の恐るべきクオリティーの高さに今後の活動も期待して良さそうですね。

★★★★☆


音楽業界は『TK』と呼べる人がやたら多いね


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

hawaiibem様
こんばんは

 是非、この機会に初恋の嵐を聴いてください。
僕も大好きなので。

それはともかく、確かに凝った曲ですね。

歌声が繊細なのが気になりましたが、
(JPOPの不自然なハイトーンは、イマイチ感情移入が出来ないんですよね。)
本業で無いのだとしたら仕方ないのかな、と思いました。


URL | GAOHEWGII #-

2014/04/03 18:24 * edit *

Re: タイトルなし

>GAOHEWGIIさん

初恋の嵐もお好きですか。ホントに守備範囲が広いですね。
原曲もチェックしてみます。
TKについてですが、私はインストものとして聴いている気分ですね。
ちなみに、声については本業でもほぼこんな感じです。

URL | hawaiibem #-

2014/04/03 22:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/282-56817352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。