hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

石川智晶「前夜」 

前夜
石川智晶「前夜」
東京出身の女性シンガーソングライター、石川智晶のミニアルバム。
長きに渡って活躍する女性アニソンアーティストとして、新居昭乃、菅野よう子、梶浦由記とともに『四天王』と勝手に呼んでいる方々の一人です。

「青の中の青」は今作で一番のお気に入り。イントロはティンホイッスルではなく尺八とは渋い選択。笛フェチにはたまらん。そこからすかさず入るボーカルに幾重にも重なるコーラスと、ばっちり幻想的な空間に入りこむことができる。全体的にリズミカルではあるが、矢継ぎ早に入る彼女独特のコーラスと割りとフリーに演奏されている尺八のコントラストが秀逸。歌詞は深すぎて漢字すら読めない有様なので触れづらいが、"蜻蛉"に代表される無常観のようなものが表現されている。とりあえず深いと言っておく。
「私は想像する」は昆夏美への提供曲をセルフカバーしたものだが、音の奥行きというか重量感がまるで違う。珍しいことではないが、本家が提供先を食ってしまうパターンか。ここでもコーラスの存在感が顕著で、イントロから高い吸引力を持っている。無機質でインパクトのあるフレーズのサビが耳に残る。
「来世で会いましょう」は思わず「絶望した!」と言いたくなるタイトルだが、そんな軽いギャグなんかよりも重みがある曲。とは言え、歌謡曲的な明快なメロディーでテンポも軽やかなのが特徴的。黄泉の国に誘われそうだ。
「Natural」は5曲中最も言葉で表現し辛い曲。シンプルなように見えて凄い問い掛けをサビでしているような気がする。シンプルだけどメロディーは好き。
「前夜」はバラード。ここまでの4曲はざっくりいえばリズミカルな部類だったのだが、この曲だけは本格的にしっとりと叙情的な趣がある。多分、言わんとしていることが一番分かりやすい。同じ"雪"がフィーチャーされている中島美嘉の「雪の華」が好きなら反応しそうなメロディーライン。

一曲ごとの作り込みの凄さを噛み締められたという点でミニアルバムとしての良さが存分に出ている作品。『全曲シングル級』という言葉がどうもしっくりこない(別の言葉で置き換えたい)が、とりあえずどの曲も出来は良いです。チープさは一切感じさせないのですが、高尚過ぎて聴き辛いということもなく、絶妙にキャッチーなポップスとして成立しているのはさすが。コーラスワークをここまで意識させる作品って今まであっただろうかというくらいにその印象が強かったですね。読んで字の如くな歌詞はあまり見かけませんが、巧みなアレンジによって作品世界に浸ることができるので、活字離れをしている人(私)でももちろん楽しめます。派手さはないですが、アニソンの枠を超越した凄味を感じるには十分な一枚です。

★★★★☆


A「FictionJunction(梶浦由記)に石川智晶に、良いアルバムが連発するなー」
B「この2人、音楽的に近い部分があるからコラボしてみたらいいのにね」
A「えっ」
※この会話はフィクションです。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/281-c1965d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。