hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

May'n「NEW WORLD」 

NEW WORLD【ライブCD付限定盤】
May'n「NEW WORLD」
愛知出身の女性シンガー、May'nの4thフル。
果たして『新しい世界』に辿り着けたのか。

「Lose My Illusions」はダンスノリで今作の趣旨に則った新しい世界、新しい私を表現した曲。一曲目にしてはやや落ち着きとアダルトさもあり、ボーカルの持ち味が出ていると思う。
「Chase the world」は浅倉大介の作曲。ハイテンポでデジタルな作りは相変わらず。安定しているというより無難過ぎてもっと後半盛り上げてほしいような欲が出てしまう。
「Mr.Super Future Star」も私の文章では前曲とそっくりそのままの説明になってしまうが、テンポよく進んでいく曲。この作曲家、ボカロとかやってそうだけど特に情報はないか。

「わたしのしるし」は元Cymbalsの矢野博康の作詞曲。とりあえずアニソンでポップでストリングスが入ってきたらCymbalsだと思えっていうくらいにいろいろなところに出没するな、この人。この曲は可もなく不可もなくだな、うん。
「決意の朝」は王道ポジティブロック。ベタですな…
「あの日の歌」はワルツなバラード。郷愁にかられるテーマだが、結構後半はバンドの音てんこ盛りで盛り上げようと頑張っている。

「IN THE AIR」はmiwaの楽曲に携わっているNAOKI-Tの作曲。この人はポスト江口亮の雰囲気があるのでちょっと期待している。ポスト浅倉になるかもしれないけど。目まぐるしく変わるデジタルサウンドに惹きつけられる。
「Run Real Run」は本間昭光作曲のスリリングで疾走感溢れる曲。今作はデジタルロック祭りが催されているのか、Buzyを思い出す本間先生らしい曲。
「アオゾラ」も本間先生の作曲だが、今作一落ち着いた調子のバラードに一転。冒頭の"卑怯なほどキラめくアオゾラ"っていう表現が凄いな。

「ViViD」はデジタル系でアッパーで…って同じことばっかり書いている気がしてきたぞ。作曲者がバラバラの割には似たものを供給し過ぎな気が。サビのインパクト大なところは良いのだけど。
「MOONWALKER」はテクノポップっぽさのあるサウンドがある意味異彩を放っている曲。アレンジの面白さはあるが楽曲そのものは取り立てて言うことはないな。
「ROCK YOUR BEATS」は本人作曲作詞のアッパー曲。自作曲も隠れた良曲があったりするのだが、今作はまずまずの出来といったところ。合いの手のところはライブを想定しているんだろうね。

特徴ある声質で歌唱力のあるアニソン系シンガー。マクロス以降全てのアルバムを聴いてはいるものの、マクロスの初期衝動に敵う作品が現れていないのが正直なところ。どうも彼女の提供曲は他の誰かが歌っていても違和感ない曲が多く、彼女独自のオーラを出し切れていないような気がします。アニソン界隈の制作陣のガラパゴスな側面が出ているというか、他所でも曲を多く書いている人が集まったところで彼女自身の魅力が伝わるかと言われると疑問なわけです。結局誰がプロデュースするのが一番収まりが良いのか、未だに二転三転している節がありますが、今後もこんな感じなのかな。別に悪い出来ではないのですが、これが新しい世界、新しいMay'nですと言われるともっと何か変化があってもいいのにという煮えきらないところがある作品。

★★★★


知り合いにちょっと似ている人がいます


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/273-073b7409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。