hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ヒトリエ「イマジナリー・モノフィクション」 

イマジナリー・モノフィクション
ヒトリエ「イマジナリー・モノフィクション」
VOCALOIDプロデューサーのwowakaを中心に結成された男性4人組ロックバンド、ヒトリエのメジャー1st。
2013~2014年の邦ロックのトレンドの最前線を行くバンド。技巧的でハイテンポな楽曲の数々は中毒性が高いです。

「アイマイ・アンドミー」は間髪無くボーカルが導入される早急な展開で一気に彼らの世界に入り込む。速い、高い、そしてアホみたいにテクニックを見せつける演奏。キレがあります。
「生きたがりの娘」もテンポよく手を変え品を変え音を重ねていくスタンス。実に軽快。
「アンチテーゼ・ジャンクガール」はリード曲。クセになる邦楽らしいリフだ。サビの解放感のある突っ走り方が良い。
「踊るマネキン、唄う阿呆」はシンプルなフレーズでダンサンブルな仕上がり。4曲目だがテンポは相変わらず速い。比較的余裕のある音の配置なのかな。

「(W)HERE」は切なさを漂わせた落ち着きのある展開。十分縦ノリなテンポだが、ここまでの流れから少し空気が変わっていて好きな曲。
「ever ever ever」も印象に残るリフ一本でどんどん突き進んでいく。前曲からの流れでこちらも落ち着きがあるように聴こえてくるから不思議だ。
「浮遊と沈没と」は多分彼ら的にはスローな部類に入るであろうラスト曲。タイトル通り浮き沈みを感じさせる深みのある音作りで最後に余韻を残す。

『J-POPの高速化』という時流に乗ったバンドの一角。wowaka氏の音楽はもともと初音ミク曲を作っていた頃から気に入っていたので、自作自演のバンドとして世に出てきたことは割りとすんなり受け入れられました。ミクさんに歌わせていたものを自身が同様のBPMで歌い上げるのだから、そりゃインパクトが大きいはずです。イントロからアウトロまで緻密で隙のない演奏で埋め尽くされています。アルバム構成としては前半4曲と後半3曲で印象が変わります。既にパブリックイメージとなりつつある高速テンポで突っ走る曲が主体の前半に対し、後半はセンチメンタルを強めた若干スローテンポな曲の並びになっています。前半の固め打ちの効果(?)もあってか、割りと後半も冗長な感じにならずに聴けたという印象。テクニックはあるが引き出しは思いの外少ないのではという不安要素もあるにはあるので、今後どういう曲を作っていくのかは注目しておきたいです。このバンドのルーツは、独特の『少女観』に代表されるようにNUMBER GIRLを中心とした邦楽ロックが主なのは自明ですね。独特とは言っても何を言っているのかよく伝わらないというデメリットも。同じくナンバガチルドレンとして名前が挙がりがちな凛として時雨あたりに免疫があれば、抵抗なく聴ける音楽といったところでしょうか。

★★★★☆


ガールを出すMVは卑怯なので取り締まりましょう


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/269-0d50550b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。