hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ナンバタタン「ガールズ・レテル・トーク」 

ガールズ・レテル・トーク(初回限定盤)
ナンバタタン「ガールズ・レテル・トーク」
シンガーの南波志帆と女性デュオのタルトタタンの2組によるユニット、ナンバタタンのデビュー作。
絶妙なコラボレーションによるガーリーで可愛らしさ大爆発の一作です。

「ズレズレニーソックス」はアーバンギャルドの松永天馬の作詞。ノリの良いテンポに乙女な歌詞。いきなりあざといぞ。実際の乙女は"絶滅危惧種"とか言わないと思うが。ユニット名をもじった"ナンバしよっと 涙ふいて 笑う門に 福来タルト信じタタン"って強引だな(笑)
「ガールズ・レテル・トーク」は大森靖子の作詞。節回しが元相対性理論の真部氏を彷彿とさせる。"とびきりの彼氏は カッパドキアでずっと待ってるの"というシュール過ぎるサビを靖子さんが書くとはな。少々意外だが、この人にはもっと外の仕事をしてほしい。
「R.T.S」は"だめだめだめ"が悔しいくらいにあざとい。ああ、プッチモニの「ちょこっとLOVE」だ。韻の踏み方も良好。
「さよなら先輩」はちょっとしんみり系。アルバム構成的にはいい箸休め。

「ぱっぱ」はふぇのたすっぽさがモロに出てるなーという感じの曲。みこさんもボーカルに入ったら良かったのに。
「コミュニケーション過剰です」はしっかりとしたバンドサウンドで始まり、南波ちゃんの早口ボーカルがクールに炸裂。風刺的側面を持った歌詞だね。
「「彼女は留守電」」は前曲とは対照的にずっと音信不通じゃねーかという感じの詞がコントラスト出しているのか知らんが、テンポよく進むのでどうでもよくなりました。
「恋は倍速」もふぇのたすの新作ですと言われても合点がいくハイテンポ曲。あっという間に終わっちゃうよ。

一般的なアイドルとは一線を画す、最近のkawaiiカルチャーを総まとめにしたような一作。ふぇのたすのヤマモトショウによるプロデュースが最高。彼の才能は元相対性理論の真部脩一に比肩しますね。kawaiiを学術的に分析しようとしているガチ勢なだけはあります。リズミカルでキャッチーな曲がずらずらと並び隙がありません。好きなんだけどハマり切れていなかった南波ちゃんのボーカルにかつてないくらい胸躍りました。やはりこの声は魔法だ。タルトタタンの2人はもはや入れ替わりが激し過ぎて素人臭さだけは継承している感じだが、致命的に下手なわけではないのでまあ良しとしましょう。やっぱり第一期の小野ちゃんが…(まだ言うか)

★★★★☆


南波ちゃんの可愛さ(見た目)がさらにレベルアップした模様


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

hawaiibem様 こんにちは
自分も本作は買いました。レビューはまだです。

合流した南波志帆は純粋なシンガーである分、
すんなりとまとまって、
期待通りのガール・ポップになった印象ですね。

大森靖子は結局のところ、
自分が浸透させたイメージに執着していないみたいですね。
せっかくだから死ぬまで演じて欲しかったのですが。

URL | GAOHEWGII #-

2014/02/16 15:03 * edit *

連続投稿しておいて・・・

連続投稿でごめんなさい。

レビューを書いてみました。(4月始めに公開予定)
以下は先ほどの訂正コメントです。

ちゃんと聴いてみたのですが、
かなり相対性理論に引っ張られていますね。
それがタルトタタンの出発点だから
仕方ないかなと思ったのですが
もはや西浦謙助もいない(そして誰もいなくなった状態)
ので、その呪縛は解いても良かった気がします。

身も蓋もないことを言うと南波志帆とバックコーラスの方が
良かったかも。(レビューではこんなこと書けませんのでここだけということで)

歌詞は全く頭に入ってこないですね、いい意味で。
三人ヴォーカルが、かしましい。それが原因でしょう。
そこはエンジョイポイントなので、それでいい。

hawaiibemさんのおっしゃるとおり、
kawaiiを浴びる30分、そういう楽しみ方が気軽でいいですね。

URL | GAOHEWGII #-

2014/02/16 17:20 * edit *

Re: 連続投稿しておいて・・・

GAOHEWGIIさんのレビュー楽しみです。というか公開が4月ってどんだけストックあるんですか(笑)

それはさておき、タルトタタンについてですが、確かにユニット名以外は跡形もないですよね…
誰が何をしたくて活動を続けているのか訳がわからなくなりつつあります。
メンバーが変わったと思ったらそれより明らかに力のある南波志帆と抱き合わせになっていたり、
デビュー当初の音楽性に最も近いふぇのたすが関わってユニットのカラーを保とうとしていたりと、
いろいろと方向性の定まらなさにモヤモヤさせられました。

いっそのこと南波志帆ソロの新譜として出しても良さそうな気もしますが、
それもちょっと違うし…というモヤモヤも。

そういう事情は置いておいて、今作はkawaiiを純粋に楽しんでほしいのと、
ふぇのたすとかハナエとか他にも近い存在がいるのでそちらも知ってほしいなあという感想です。
まあ、このユニットを知っていたらこの辺の人たちはチェック済みな気もしますが。

URL | hawaiibem #-

2014/02/16 20:20 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/253-c8ed5ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。