hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

星のひつじ「星の会」 

星の会
星のひつじ「星の会」
幻想科学楽団と呼ばれる8人組宅録ユニット、星のひつじの1st。
ようやく2013年リリース組の紹介。タワレコでプッシュされているので、聴いてみました。
メンバーの担当は、ウィスパーボイスのボーカル、ギター、ピアノ、ドラム、ベース、クラリネット、フルート、
ミキシングとなっていますが、曲によってはアコーディオン、ウッドベース、さらには箸を叩く音、
木の実をこする音などまで細かく歌詞カードには書いてあって面白い。
音楽性も様々なジャンルを吸収しているようですが、上述の多様な楽器によるアンサンブルの雰囲気から
トクマルシューゴっぽいと言えば、説明は伝わりやすいでしょう。

アルバム出だしから癒されるイントロの「夕暮れ市場」からファンタジックな世界観が広がります。
次の「雨降りサーカス」は今作で最もキャッチーで可愛らしい曲。
様々な楽器が代わる代わる登場する間奏がワクワクして素敵。
3,4曲目の「さかなの見た夢」と「涙もため息も胸の痛みも」は、タイトルを何度も歌詞に登場させることで、
印象を強くする効果が出ています。
「レイダウン」は全英詞のようですが、歌詞は「secret..」とあるのみ。英詞は神秘性が増しますね。
「虹色の雫・鈍色の星屑」はフワフワと優しく包まれるような気分になれる曲。
最後の「星の会」まで優しさが満ち溢れていて気持ち良い幸福感が得られます。

個人的には序盤2曲がお気に入り。百万回言われているようなありきたりな表現ですが、
おもちゃ箱をひっくり返したような音楽とはまさにこういうものを指すんだと思います。
上述のトクマルシューゴはもちろん、ボーカルの感じは違うが"のあのわ"とか、
もっと遡れば上野洋子がいた頃のZABADAKとかを好きな人にはハマる音楽かもしれません。

★★★★☆




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/22-0365b1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。