hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ハルカトミユキ「シアノタイプ」 

シアノタイプ
ハルカトミユキ「シアノタイプ」
大学の音楽サークルで知り合った2人で結成されたデュオ、ハルカトミユキのメジャー1st。
2nd e.p.の感想はこちら。順調にメジャーにやって来ましたね。

「消しゴム」はアコギとピアノのシンプルなアレンジによるセンチメンタルな曲。"僕は僕を消しゴムで消し去りたい"といきなりのしっとりモード全開で早くも涙腺が緩み始める。
「マネキン」は不穏なシンセが鳴り響くソフトロックなアレンジ。歌詞のエグさも相まっていい意味で『気持ち悪さ』を強調している。
「ドライアイス」は2nd e.pのリード曲。感想は前回レビューを読んで下さい。相反する歌詞の構成が非常に面白い。
「mosaic」はかなり煽り文句の多いロックナンバー。アレンジカッコいいなあ。ラストへ向かう間奏も素晴らしい。

「Hate you」は今作一ノリの良いポップスであるが、歌詞はひたすら"君が嫌い"が登場するドSソング。I love youばっかり言うの飽きたからこういうの凄く響くわ。
「シアノタイプ」は『青写真』という意味の表題曲。今作唯一のラブソングらしい。確かにサウンドではさほど感じないが、サビの詞からはポジティブな面が窺える。
「7nonsense」はミユキ作曲の7拍子のインスト曲。声のサンプリングだったりアンビエント的でカオスな仕上がりになっている。幻想的な雰囲気もあって落ち着きも感じさせます。
「振り出しに戻る」は懐かしのニューウェーブで歌謡ロックなハイテンポ曲。ピンクレディーの曲をBPM上げたような雰囲気。パスピエっぽさもあり。こんなのも作れるのかとかなり意外なところを突かれた。素直に凄い。

「伝言ゲーム」は人間関係を"伝言ゲーム"になぞらえてややシニカルに歌う曲。ミニマルなドラムとシンセの音が心地よいが歌詞はシビアです。
「長い待ち合わせ」は出だしからグッとくる切ないバラード。一人ぼっちの少女が主人公として描かれている。あーもうこれは辛いよ…でも何度でも聴きたくなるんだよ。
「ナイフ」は夢見心地な気分に浸れる不思議な曲。歌詞も決してポジティブではないのだが、どん底な暗さを描いているわけでもないネガ寄りなミディアムな感情で説明し辛い。
「Vanilla」は1st e.p.のリード曲。最後にしてこれを持ってきますか。大好きな曲。"狂えない"というサビが衝撃的だった。結構聴いているはずなのに、このアルバムを通して聴いて改めてこの曲に出会うとまた感動が蘇ってくるのです。

過去2作のミニアルバムを聴いて、フルアルバムはとんでもないことになるぞと予想はしていたが、やはりとんでもないことになっていた。冒頭の自嘲的な心情の吐露に始まり、周りに対する攻撃、憎悪、ふと見せる愛情。様々な葛藤が明確でもなく難解でもない絶妙なバランスで、ステレオタイプではなく人間的な複雑さを伴う感情として表現されていると思います。単に鋭角に攻めるフォーキーな音楽性だけではなく、実に幅広い音楽をポップスとして分かりやすく、かつ裏に敷かれた想いも巧みに織り交ぜて作り上げている。フォークシンガー的な歌詞重視の志向だけでなく、しっかりサウンドへのこだわりが随所に見られるのがこのデュオの強い点であり、曲数の多いフルアルバムでそれを見事に体現することができたのではないでしょうか。特に中盤の4曲は新しさも垣間見え、前2作収録の強烈なリード曲がありながら、それに負けず劣らずな出来の曲が揃っています。ネガな側面が多い彼女らの心情が今後どう揺れ動いていくのか。聴き逃しはできませんね。

★★★★☆


MV作り過ぎでしょ(笑)というわけで雰囲気の異なる2曲を選抜。




関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/213-4669b206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。