hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

村上ユカ「鳥と魚」 

鳥と魚
村上ユカ「鳥と魚」
1997年デビューの女性シンガーソングライター、村上ユカの4th。
活動歴はそこそこ長い方なのですが、2013年になってはじめて聴いたSSW。日本的なテクノポップと瑞々しいボーカルが見事に融合した良盤です。

「るりかあいかそらのいろ」はエレクトロアレンジの中で高らかに歌い上げるボーカルという彼女の特徴が凝縮された一曲。アレンジの音に『声』を合わせにいっていないことが逆にインパクトを生んでいるように思う。自然の壮大さをテクノで歌うというギャップが面白い。
「さかなになって」はテンポ早めのアレンジに対して、ノスタルジックで『和』も感じ取れる緩やかなボーカルが今作中でも特に印象に残った曲。サビ前にボーカルをアレンジに合わせて少々コミカルに早口になる構成も面白いなあ。
「butterfly effect」は歌詞という歌詞がこれといってない実質インスト曲だが、幻想的なコーラスでもはやPerfumeにも引けを取らないクオリティですね。
「花がさいた」はテンポよく進むメロディーが童謡的な親しみやすさがあるんだが、何気にいろんな音を操りまくっていて感心しきりだった曲。アウトロも良いな。
「冬の一日」は全体的にふんわりとしたアレンジで前半の木琴とか多重録音のコーラスが良い感じ。冬とエレクトロの相性の良さ。
「ラムネ坂」はピアノのみのシンプルなアレンジが"ラムネ"の澄んだイメージとも重なり、ノスタルジックで穏やかな気持ちになる癒し曲。

「呼吸世界」からはバリバリテクノポップ路線へ戻る。間奏のオリエンタルなシンセサウンドとコーラスがたまらない。
「あの星の名は」はイントロから好きな曲。懐かしい感じだけどそれにとどまらない新しさもあるというか、不思議な魅力があるよね。
「三つの窓」もイントロから(ry ここまでの3曲の流れは凄く好き。リズミカルにほんのりセンチに、これもちょっと民族音楽っぽさもあり。新居昭乃が影響元らしい。個人的には上野洋子好きでもハマりそうなクセになるメロディーだなとも思った。
「夜の向こう」はピアノの音階的なアレンジがなんだか幻想的な安らぐ曲。
「かなえて」は東日本大震災に際して歌った復興ソング。ピアノのみのしっとりとした演奏に、希望の光を差し込む温かみのあるボーカルがよく映える。

これより前にレビューした新世代宅録女子AZUMA HITOMIが矢野顕子みたいな雰囲気があるのに対し、彼女は自身が影響されたSSWとして名前を挙げている遊佐未森に近いボーカルで、テクノの無機質さに有機的な風を送り込んでいるように感じました。こんな面白い人を聴き逃していたなんて!YMOライクな80年代テクノを音楽的なベースに、往年のニューミュージックにおけるシンガーソングライター的な懐かしさが随所に見られ、非常に親しみやすかったです。サウンド面のバリエーションの豊富さに現代的な匂いを感じさせるが、母親としての包容力いっぱいの音楽で、一聴して受け入れやすいことこの上ないです。先にいろいろ挙げたSSWが好きな方はぜひ。

★★★★☆




yucafePという名前で初音ミク曲も作っているようです。この曲は今作にも収録。


※追記
ご本人よりコメントを頂きました。ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/200-74361b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。