hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

KANA-BOON「DOPPEL」 

DOPPEL
KANA-BOON「DOPPEL」
大阪出身の男性4人組ロックバンド、KANA-BOONの1stフル。
前作1stミニのレビューはこちら。前レビューでは苦言(?)を呈した気もしましたが、ここまで勢いがあるともう止められんねえといった具合です。果たして印象は変わったのか…

1曲目は「1.2.step to you」。彼らの曲はたいていどれを冒頭に持ってきてもいいくらい上がり調子な曲が多いのだが、この曲も"曖昧"と"I MY"を重ねた歯切れの良いサビの応酬で一気にテンションを上げていく。これと言って捻りはない詞だが。
「ワールド」はリズムの刻み方は前曲に近いが、サウンドをやや重ためにしてきた印象。終始、韻を踏んだ感じの詞でノンストップで突き進むダンサンブルナンバー。
「ウォーリーヒーロー」は3曲目。うん、ダンサンブル。単体で聴く分にはコーラス入れていたり工夫はあっていいのだが、通して聴くとこの辺で一つのパターンが出来上がって飽きが来てしまう。

「MUSiC」は「春一番」みたいなメロディーのイントロの曲。ウォークマンのCMに使われれば大勝利ですね。
「東京」でようやくこれまでと風合いが違うアレンジが出てくる。得意の唱歌的メロディーが炸裂する彼らなりのしっとり系の曲。哀愁を漂わすには声に迫力がないのがな。"君のスカートの中 僕のスタートラインさ"ってサビは如何なものか。サトシか。
「白夜」は"だいたいこれは黒い魔法"に始まり、軽い厨二感を漂わせる詞が魅力的な曲。またアゲアゲに戻りましたか。下手なことするよりこれの方が落ち着くといえば落ち着くが。
「目と目と目と目」は数え歌をベースに言葉遊びを展開する曲。今作の中でも変則的な部類に入りインパクトはあるが、どうもVOCALOIDっぽいんだよなあ。

「盛者必衰の理、お断り」はやっぱりシングルで出しているだけあって、曲構成も比較的凝った作りで良いと思う。誰もが聴いたことのあるメロディーをイントロ、間奏に組み込むことで親しみやすさMAXで駆け抜けていく展開。堅苦しい前置きを持ってきておきながら、寿限無やったり最終的には君と僕のちょっと切ないラブソングの運びになっていたり、若者を軽く刺激させる感じで進んでいきます。
「夜をこえて」は特に言うことがないな。ただでさえベタを積み重ねているところにこんな曲持ってこられてもなあ。
「羽虫と自販機」は前作のベタベタな後半を彷彿とさせる曲。中学生になった気分を味わえるとだけ言っておく。
「A.oh!!」はボーナストラック。ダンサンブル系では実は一番よく出来ている曲ではないかと思っている。歌詞が滅茶苦茶なのが逆にいいのかもしれないと言うと怒られるかもしれない。

よくよく聴くとクサいことを言っているんだが文学や哲学みたいなものを秘めたバンドの受けが特に良かった時代があったことを考えると、彼らの音楽はある意味非常にこざっぱりしている。ロキノンという括りではなく、より広範なJ-POPリスナーの耳にも届きやすい音作りをしている時流に乗ったバンドではないかと思います。基本的に4つ打ちのダンスロック志向が強く、ひたすら「快」を追求した音楽という印象。実際の意図はもっといろいろあるだろうけど。フェス参加者の増加という昨今のシーンを考えると、ライブで盛り上がる曲というのはマストな存在であるとは思うが、彼らの場合は基本的にライブでアガることを前提に曲を書いている感じがする。もうちょっと、意外と考えているんだなと思わせるとか、ハッとさせられるとか、深みが曲から滲み出てくれば面白くなるはずだが、よくも悪くもまだ軽さが表立って出ている。この辺は他の若いバンドにも同じことが当てはまるんですが。…とまあいろいろ思うことが出てくるんだが、1stミニからの流れを汲むとこういう音楽がやりたいんだというバンドとしての意志はより明確になってきた模様。なぜ彼らがそこまで注目される存在になったのか腑に落ちない点こそあるが、ライブ気分でひたすらテンションを上げたい人には無理なくお薦めできる作品。

★★★★


オチが(笑)


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/198-7f87f170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。