hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

相対性理論 presents 『幾何I』@Zepp Tokyo 

都内にて、夏フェスで話題になった『ミスチル地蔵』ならぬ、『まるえつ地蔵』(いや、『まるえつ菩薩』と言うべきか)が拝めると聞いて、関東に迫る台風を追い抜いてライブを観に行きました。

これまで、こちらの作品のレビューも書いておりますので参考までに。
・相対性理論「TOWN AGE
・やくしまるえつこ「RADIO ONSEN EUTOPIA

セットリストは細かいことは書かないけど、選曲としては、
・「ハイファイ新書」から1曲
・「シンクロニシティーン」から4曲
・「正しい相対性理論」から1曲
・「TOWN AGE」から9曲
の計15曲だったと思います。象徴的だったのは、脱退した真部氏が作曲に関わっているとされる曲が極端に少なかった件。やはり、まるえつ・永井氏を軸をにした新体制としての選曲でしたね。真部ファンなので他にもいろいろと聴きたい曲はあったわけですが。

ライブの流れとしては、とにかく演奏が中心でMCは非常に少ない。そのMCについてももはやMCと呼べるものではなく、決め台詞的なよく分からんことをまるえつが口走って次の曲が始まるか、ただまるえつが水を飲んでいるのを静かに見守るの2パターンのみ。メンバー紹介や他メンバーのトークは無し。まるえつの台詞を並べても1ツイートで収まるくらいの簡潔さである。休憩中、『えっちゃん』と呼ぶ観客の声に対しても一切の無反応ぶり。ただ、これに関しては観客側が無粋かもしれんなと。彼女は完全にキャラを作りこんでいる。MCにおいてリップサービスのごとく素の姿を見せることは、ライブの世界を構築する上では不要である。そういう意味で、彼女の貫き具合はミュージシャンというより舞台女優のようにも見えたがそれはちょっと大袈裟か。

肝心の演奏の方だが、第一印象としては『理論ってこんなにやかましいバンドだったっけ?』だった。演奏が生真面目でタイトで原曲にはないような轟音もあったりする。ウィスパーボイスのまるえつもだいぶ声を張っているような印象を受けた。周りの音がデカいのでそうならざるを得ない感じだったけど。有名な話だが、本人は直立不動。それに伴ってか観客もほとんど動かないのがなんとも特徴的。ただ、改めて「TOWN AGE」収録の曲を聴くと、意外と踊れるものが多いなあとも思った。ただ踊らない。

視覚的な演出に関しては思ったより素っ気ないというか仕掛けが少ないんだなと思った。中盤のイントロ長めの曲の時と、アンコールで映像使う以外は特筆すべきことがないかな。音のダイナミックさに対して演者の動きも必要最小限なので、箱の中で音を聴くことに集中はしやすい。私はだいぶ後列にいたのでメンバーの顔もはっきりしなかったし。そういう不思議な空間を共有することが彼らのライブの醍醐味なんだなと感じた。単純な萌え系ボーカルバンドのライブとは一線を画す緊張感のある空気の出し方は風格さえ感じたが、これからどう変遷していくんでしょうかね。段々と彼らの本質が分からなくなりつつあるようなモヤモヤが残ったのが正直な感想。初めから分かっていなかったのかもしれないが…



関連記事
スポンサーサイト

category: たまには外で音楽を

コメント

私的にはブログ記事の中で一番作るのが大変なのがライブレポなので、それを2日連続で作ってしまうというのは大したものだなと思いました。
コンパクトにまとめられていて読みやすい内容ながらもしっかりと伝わってくるものがあって良かったです。
それにひきかえ私が書いたGacharic Spinのライブレポはやたら長くて読みにくい内容になってるのではとないかと自分でも心配になる・・・
書き出すとあれもこれも書きたくなってしまうんですよね(汗)

相対性理論のライブレポについては、こんなライブもあるんだなと思いました。
踊れる曲が多いのに観客も含めて誰も踊らないとは・・・ Gacharic Spinのライブとは色んな意味で対照的な感じなのが想像できます。
この直立不動感(?)が逆に売りとなっているんでしょうね。それもまた個性かなと。

URL | えむけー #-

2013/10/28 01:47 * edit *

Re: タイトルなし

2日分を早く更新したかったのと初演だったのでネタバレ回避の意味もあってあっさりめに書きました。
もうちょっといろいろ書いてもよかったかもしれませんが…

相対性理論のライブは異質ですね。現代芸術的な側面が強く、単純にわーわー盛り上がっているうちに終わるというより、じわーっと余韻を長く残して終わりを迎えるような感じでした。消費カロリーが少なかったです(笑)音源のみを聴いた時とまた印象が違って聴こえるような曲があったのも面白かったですね。

あと、Gacharic Spinのレポート読みましたよ。熱気ある会場の雰囲気を体感できる良いレポでした。ちょうどパスピエを見ていた時にやっていたんですね。まだ彼女らのライブは観たことがないのでいつか観てみたいですね。

URL | hawaiibem #-

2013/10/28 21:59 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/177-caa7b785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村