hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

中田裕二「アンビヴァレンスの功罪」 

アンビヴァレンスの功罪
中田裕二「アンビヴァレンスの功罪」
2010年に解散したロックバンド椿屋四重奏のボーカル、中田裕二の3rd。
ソロ活動開始後も意欲的に楽曲制作、ライブ活動を行ってきた彼の目指す道がしっかりと示された一作となっています。ジャケットがカッコよくて惚れてしまうわ。

アコギの導入から即座にボーカルが入って始まる「TERMINAL」。いきなり艶っぽさ全開。晴れ空でも雨模様でもない曇り空のようなさじ加減が絶妙。
「MIDNIGHT FLYER」はリード曲。これは踊れる。ダンサンブルっていうほどバタバタした感じではなく、一昔前のディスコ的なノリ。またちょっとベクトルが違う感じの曲を持って来たね。
「ENEMY」は攻撃性の高いロック曲。"触るな 近寄るな"の強そうで脆い、アンニュイで気怠さもある雰囲気が良いですね。

「彼女のレインブーツ」は序盤3曲から流れが切り替わりポップ調。雨が絡んでいる曲なのに、心は"恋の引力に身を任せて"曇っていないという対比が面白い。"レインブーツ"の存在があまり重要ではないと言えばないんだが。
「blue morning」はジャジーで落ち着きのある曲調。恋の終わりを描いているのだが、なんとも言えないヒンヤリとした空気が漂う。
「アンビバレンス」はロック調の表題絡みの曲。微妙に表記違うのね。アルバムタイトルでは「アンビヴァレンス」。曲タイトルは「アンビバレンス」。出てくる歌詞は"アンバランス"。歌詞は意味違ってくるけど、ちょっと遊んでる感じなのか。

「プリズム」は比較的穏やかな曲調で、純粋に明るい方面のラブソング。今作においてあまり印象には残らんかな。
「マイ・フェイバリット」も明るい方面。暗い方が印象に残るのは私の性格の問題か。
「HEROINE」はダーク路線。うん、やっぱりこういうのが好きだ。落ちていく(堕ちていく)主人公の女性の悲哀ぶりが、抽象的な詞ではあるがじわじわと伝わってくる。

「ユートピア」も好きな曲。オルガン、ストリングス、パーカッションが入り混じるアレンジが良い。情熱的で後半の曲では一番盛り上がる展開。
「旅路」はラスト手前の曲だが、ラスト感が強い曲。ラララ…でフェードアウトしていくところとか特に。たまにあるんだよね、こういう2段構えで終わりに向かうアルバム。
「サンライズ」は前曲にも含まれていた"夜明け"をより強調し、爽やかな締め括り。そこまで強いコンセプトを明示しているわけではないが、夜から朝に向かっているのが今作の流れと言えるだろうか。

艶やかな和ロック要素の強いバンド時代に比べると、音楽性に広がりが出てきて前作の時点でだいぶ様変わりしたように思っていた。基本的なスタンスとしては、大人のロック、歌謡曲がベースになっており、2000年代以降はメインストリームで聴く機会が意外と少ないジャンルを踏襲しているように感じられる。ここでポイントとなるのは『大人の』という部分であり、椿屋ではまだ出せていなかった余裕が、ソロ活動を経て楽曲にも反映されるようになってきたのではないかと思う。しばらくはこのスタンスで進みそうな気はする。裏を返すと刹那的とか切迫感とかそういう雰囲気を持った曲が減って、スリリングな印象は薄くなったようにも感じた。やっぱり年を重ねると落ち着きのあるジャンルへ移行しがちなのかもしれないが、個人的には和の要素も残して欲しいなと思ったり。私がリスナーとして大人になっていないというのもあるが、彼の様々なジャンルに対する飽くなき探求心に関しては見習いたいものがありますね。

★★★★


コミカル路線の裕二さんも乙なものですね。ウィンク!


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/166-4f4073fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。