hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

2013年7月度マイベスト10 

今回は、Japanese Dream -we love jpop!-にて投票した、2013年7月度の楽曲マイベスト10+αを紹介します。
ちなみに、今月の○○枠というのは適当に言っているだけなので、別に枠を決めて選曲しているわけではないです。

10.後藤まりこ「sound of me」
今月のサディスティック枠。ぶっ飛んでるけど節度はあるのでYUKIと段々違いが分かり辛くなってないか。『いびつなジュディマリ』ってやっぱり言い得て妙だな。


9.東京カランコロン「16のbeat」
見ていて楽しそうだなあと思うバンドの一組。今回はいちろーさんメインか。サビの走り方が良いですね。


8.Je m'appelle「Everlasting」
このシルエットはあの方では…と気になるMVは置いておいて、ピアノとエレクトロの入り混じる繊細で美しい楽曲だと思います。藝大出ているのか。


7.Charisma.com「HATE」(アルバムレビュー)
毒々しいOLラップユニットのデビューアルバムより。毒々しい歌詞検索の末、当ブログを訪れる人も多いという…


6.ちばんど「お祭り」
今月の歌謡枠。最近、歌謡ロックに傾倒気味なのですが、これは歌も本格派で今後に期待が持てるバンドですね。


5.ROLLICKSOME SCHEME「EDEN」
このバンドは知らなかった。かなりスロースタートな展開ではあるが、サビからの爆発力がインパクトがあったので上位に。"痛々しい、けど、心地善い"というコンセプトも惹かれるものがあります。


4.LACCO TOWER「杏子」(アルバムレビュー)
これも歌謡ロック的。鍵盤が素晴らしいのですよ。


3.ハナエ「恋は神聖ローマ」
今月のkawaii枠。またまた真部脩一プロデュース。どんどんkawaiiにプロっぽさが出てきている。プロカワイイ。


2.Wienners「蒼天ディライト」
今月の体が勝手に動く枠。今まで真面目に聴いたことがないバンドだったけど、滅茶苦茶ポップじゃないか。男女ツインボーカルというのが爽やかさをさらに加速させていますね。


1.高橋優「CANDY」(アルバムレビュー)
ダントツでお薦めしたい楽曲。いじめはやめようと言うメッセージ以上に響くものがこの曲にはある。


以上、マイベスト10でした。相変わらずやかましいですね。


以下、その他に気になった曲を自由な括りでピックアップ。

○常連編
出てきたら無条件で入れてしまいそうになる方々が今月度も多くいましたが、シビアに判断してこの位置に。

・水樹奈々「Vitalization」
毎度楽曲の感想の一言目が『難易度』の話にフォーカスしがちな水樹さん。今回も展開が目まぐるしい高難易度の曲ですね。もはや上松氏は彼女の限界がどこにあるのかを追究している人みたいに見えてきた。

・Linked Horizon「紅蓮の弓矢」
サンホラーとしてはこれは外せない感じだったが、Revoメインの歌はそこまで…というのが正直な感想。リンホラとしても前作の方が個人的に好きだったからなあ。世の中でのウケとは逆行していますが。

・相対性理論「たまたまニュータウン」(アルバムレビュー)
未来型シティポップ。レビューに似たようなことを書きましたが、ニュータウンがニューじゃないという言葉選びに彼らの時間旅行的な遊び心が感じられるのです。


○ミューレボ編
Music Revolutionで優秀な成績を収めた方が2名ほどいましたね。

・山崎あおい「夏海」
おおたえみり、吉澤嘉代子と並ぶミューレボGP3人娘(と勝手に呼んでいる)の一人。前に挙げた2人に比べるとインパクトには欠けるのだが、王道的な瑞々しさがあるのは好印象。


・たんこぶちん「ドレミFUN LIFE」
グランプリ獲得者ではないが注目株。唐津発のガールズバンド。佐賀とは言わないんですね。清純にポップ!



○ちょっとゆるめ編
このジャンルだけで一度まとめ記事を書きたいくらいです。

・Her Ghost Friend「アイスプラネット」
kawaii枠でもありますね。ここまで萌え路線強調してたかなあと思いつつも気に入っている曲。0:50が特にkawaii。


・三回転とひとひねり「きりかえガールズ 」
『相対性理論以後』って感じがする長崎出身のバンド。術ノ穴って面白いレーベルだと思うよ。


・DJみそしるとMCごはん「マカロニグラタン」
アーティスト名通り、食べ物関係の曲をラップで歌うユニット。事細かなレシピが勉強になるし、腹減ってきた。



○なんだこれは編
必聴曲以外をもっと漁ればまだありそうな気がしますが…

・FRUITPOCHETTE「暴虐-PARASITE-」
イントロは最近気に入っているロットングラフティーの曲かなと思わせるが、歌っているのは女子2人。アレンジがゴリゴリ過ぎる。それにしてもなんちゅう衣装だよ。


・MOJA「I LOVE CHEESE!!!」
謎の低クオリティー(実は手が込んでる?)MVもさることながら、楽曲もほぼインストで中毒性があって一体これは何なんでしょう。


・TOWA TEI「APPLE」
林檎さんがAPPLEを歌っている。それだけ。


関連記事
スポンサーサイト

category: マイベスト

コメント

LACCO TOWER初めて聴かせてもらいましたが、良い曲ですね。

まさに歌謡ロック。
確かに鍵盤が素晴らしい。

たんこぶちんも良いですね。
これだけ純粋に爽やかなポップは聴いていて心地よい。

やはり良い曲は色んなところにありますね。
参考にさせてもらいます。

URL | micarosu #-

2013/09/21 00:08 * edit *

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

新しいアーティストを見つけてもらえたようでこちらとしても嬉しい限りです。
LACCO TOWERはこの曲が好きならば「林檎」や「柘榴」のような他の果物タイトルの曲もお薦めです。

今後もよろしくお願いします。

URL | hawaiibem #-

2013/09/21 00:30 * edit *

水樹奈々「Vitalization」は素晴らしいの一言だなと。
まさにその通り、限界へと挑戦し続けている歌手だと思います。
常に上を目指して頑張る奈々様とエレガの姿をこれからもずっと見続けていきたいです。
高橋優「CANDY」は歌詞が心に響きますね。こちらも素晴らしいと思います。
この曲は10年前に聴いていたら私の中でも1位候補だったでしょうね。
ただ個人的に最近は重い内容の曲を聴くことにしんどさを感じるようになってしまったのかなと。
いつからだろう、FRUITPOCHETTEみたいな曲ばっかり聴くようになったのは・・・

URL | えむけー #PcvYsX0w

2013/09/21 00:34 * edit *

Re: タイトルなし

エレガとしてもこれだけ歌ってくれたら、他の歌手への提供曲ではできないことを
のびのび出来るんでしょうね。作り手と歌い手の関係性としてはある種の理想形だと思います。

「CANDY」は確かに重いです。気楽に薦められるような作品ではないですね。(1位と2位の落差が…)

FRUITPOCHETTEは反応するのはえむけーさんくらいかなと思っていたらやっぱりそうでしたか(笑)
私もこれは気になってしまいましたね。

URL | hawaiibem #-

2013/09/21 00:58 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/162-a72eb66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。