hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

swim me「WONDERWORLD」 

WONDERWORLD
swim me「WONDERWORLD」
福岡を中心に活動している男女4人組ファンタジックロックバンド、swim me(スイミー)の1stミニ。
女性ボーカルがバイオリン弾きでもあるというのが大きな特徴のバンドです。突き抜けた爽快さ溢れるポップな楽曲が詰まった一作となっています。

「ヒカリへ」はサビイントロで始まり、キラキラとしたエレクトロアレンジを交えたアッパー曲。間奏のバイオリンの音色が気持ちの良いアクセントとなっている。
「wonderworld」は前曲ほどの勢いはないが、同じくアッパーな部類の元気な曲。ジュディマリの正統派フォロワーな雰囲気も若干。合間合間に入ってくるバイオリンがやはり際立つ。
「タイムマシーン」はタイトル通りSFの内容を含むが基本は恋愛詞。近未来っぽくピコってますね。
「星と君とダンス」はダンサンブルに元気いっぱいな曲。悪くはないんだけど、オリジナリティの面では少々厳しい気も。バイオリンはどこ行った?
「もしも」は今作唯一のスローバラード曲。バイオリンがボーカルとともに入ってきており、最もらしさが出せているのでは。後半の盛り上げ方も良いが、そこまで詞に引っかかるものがないのが残念。
「うさぎになりたい」はボーナストラック的な小品。ローファイな録音のシンプルな曲。男性陣もボーカル参加。まあ特に言うことは…

『ファンタジックロック』と称しているが、幻想的で物語性の強い詞ではなくJ-POPの範疇でも見られる恋愛テーマがメイン。詞に関しては思った程面白味がなくありふれた感じがする。バイオリン演奏が特徴なのだが、ボーカルがそれを担当していることもあるので、そこまで曲の核となるところで音が使えていないのがもったいない。そもそもバイオリンの弾き語りってできるのかと疑問に思って調べたが、どうやらできるにはできるらしい。ただ、アッパー曲ではさすがに大変だろう。そういう背景もあるので、割りとエレクトロな音も多用しておりバイオリンは間奏でガッツリ入れるといった感じの曲が多い。もう少しアレンジに組み込んでバンドの個性を強めて欲しいところだが。というわけでアレンジ面を差し引けば、裏表のない可愛げのある女性ボーカルのポップバンドという感じで、なかなかの激戦区に入りこんでしまう。キャッチーな音作りはメジャーの第一線で流れているものと遜色ないので、J-POPファンにはまず聴いてもらいたいですね。

★★★☆


福岡の女性ボーカルバンドはどんどん出てくるね。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/161-3a44abcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。