hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ふくろうず「テレフォン No.1」 

テレフォン No.1
ふくろうず「テレフォン No.1」
2007年に結成された男女3人組ポップバンド、ふくろうずの2年ぶりとなる新作ミニアルバム。
ドラム脱退後から初の作品となります。音楽性により明るさが増してきていますね。

「GOOD MORNING SONG」。あどけなさの残る声で繰り返しフレーズを歌うAメロ。個人的にじわっと来るBメロ。サビの"朝がくる 朝がくるよ"あたりはシンプルなんだけど印象に残る。ボーカルを際立たせた彼らの得意とする演出ですね。
「カシオペア」も実にノリの良い曲だが、変化したと思う最たるはやはり「テレフォン No.1」だろう。"テレフォン"というチョイス自体が古い言葉のように感じるのだが、一周回って普遍的という発想。やっぱり電話はコミュニケーションにおいてメールよりも多かれ少なかれ緊張感が生じるから、心理描写を描くのには良い題材なのかもね。曲そのものは非常に可愛らしくまとめている。吉澤嘉代子の「らりるれりん」も同じだが、このご時世らしくない題材が逆に新鮮になることは多々あるよね。
「パニック! パニック! パニック!」は冒頭はCymbalsっぽさを感じさせるが、その後激しいことに。"YOU DON'T KNOW"に洗脳されるわ。
「S・O・S・O・S」はどこかで聴いたフレーズが…と思ったら有名曲から借用しているのか。こういう部分は、古い音楽を引っ張り出して語りたい職業リスナーの方々を上手いこと刺激させていますね。私としては、曲名分からないけどなんかよく聴くフレーズだなあ程度ですが。骨太なバンドサウンドも楽しめる良い曲。
「春の惑星」はここまで飛ばし気味でやって来た流れから離れ比較的おとなしく優しい曲に。涙が止まらないという感じではないんだけど、じわじわくるね。
「見つめてほしい」は新しいふくろうずの始まりを予感させるフレーズを豊富に含んだラスト曲。これは完全に変わったと言っていいよね。

これまでは根暗っぽくて捻くれたバンドというイメージがあったのだが、今作は華やかで明るい曲調で駆け抜けていった印象。恐ろしくポップ。少なくともジャケットで飛び跳ねちゃうような芸風ではなかったはずだが、確実に次のステップに進んでいることを感じさせる内容。のあのわほど情熱的でもないが、相対性理論よりはそっちに近づいた気がする。ロリ声ボーカルバンドの一角として個人的には好きでも嫌いでもないところの位置付けだが、作風の変化は興味深いものがある。次はどうなるんだろうと今から早速楽しみだったり。どうでもいいが、ボーカルの内田さんは「あれ?もしかして可愛い?」レベルだったのだが、素直に可愛いことが改めて分かった。あっ、もうとっくにご存知でしたか。

★★★★


ベレー帽被ったらますますあの人に見えてしかたない。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/159-22769f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。