hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

さよならポニーテール「青春ファンタジア」 

青春ファンタジア(初回生産限定盤)
さよならポニーテール「青春ファンタジア」
2011年にデビューした音楽グループ、さよならポニーテールの2ndフル。
ClariSと並び、中の人の真の情報が分からないユニット。相対性理論の登場以降、インターネット普及時代に見事なプロモーションを成し得たアーティストの代表的存在ではないかと思います。今作はボーカルが当初の3人から5人となり、華やかさが増した作品になっております。週末ヒロインとモロ被りとか言ってはいけない。

「ぼくらの季節」はユニゾンのサビイントロから入るキャッチーなポップス。ほとんどウィスパー寄りの線の細いボーカルが寄り集まっているのが特徴的。楽曲自体はストリングスを交えた王道の盛り上げ方をしていて素直にクオリティーの高さは感じる。
「女のコとエトセトラ」は懐かしい曲調が安心感を与え、スパイスとしてちょっと可愛いらしいフレーズをサビ前に挟んでいる。
「ヘイ!!にゃん♡」はエレクトロポップで萌え系アイドル路線とでも言うのか、竹達さんとかに歌わせたら破壊力が何十倍にもなりそうな曲。ジャケットの2次元の女の子が好きな人向け。
「わたしの悲しみを盗んだ泥棒」はちょっとウキウキした感じのポップス。歌詞は取り立てて言うことがないがソングライティング力は高いと言って良さそう。

「恋するスポーツ」はエレクトロ度が高くラップパートも入れちゃってる曲。意外とラップ部分が良かったりする。アレンジもなかなか。顔を出しているアイドルが歌うのが憚られるような恥ずかしい詞でも余裕で歌えるのは強み。そこまでの詞でもないか。
「放課後れっすん」は中華風アレンジでやくしまるえつこ的あざとい曲。新規参入の作曲家だからか思い切ったことをしてきた印象。なんかイメージに近づいたのか遠ざかったのかよく分からんなあ。あからさまに狙い過ぎていることだけは確かだが。"ネットで検索「ありえませ~ん!!」"が個人的にありえません。一般的なポップスとして人に薦めづらくなるわ。
「きみに、なりたい」で雰囲気一転。素朴なアコースティックアレンジでメインを張るみぃなさんの柔らかで繊細なボーカルが印象的。さよポニのイメージってこの人の声から始まっているので、やはりさっきの曲は邪道だったのではないかと疑心。
「星屑とコスモス」も同じくみぃな無双。というかこの人くらいしかソロでしっかり歌える人いないのでは。他メンバーは"シャラララ"等の合いの手やハモリに徹している。コーラス部分を歌っている限りは別に問題はないんだけどね。"胸の宇宙の膨張が止まらないよ"という面白いフレーズがようやく出てきた。

「お気に召すままに」もラップパートが中盤にがっつりある。ラップの方がボーカルが5人いることを意識できる。
「きみがみたゴースト」はちょっとファンタジー要素を織り交ぜているが、まったりしているのでいつの間にか終わる。
「飛行少女」は「ヘイ!!にゃん♡」の人の曲か。幅を広げるという意味では良い仕事しているのかな、この人。アレンジはロキノンに出しても通用する部類。もう出てたっけ?この感じのタイトルをやりそうなバンドは多数思い当たる。メロディーだけ拾うと1曲目っぽくもある。割りと好きな曲。
「きみにありがとう」も真面目にポップスやっている。「ファンタジア」という割りには詞はおそろしく普遍的でノーマルなものが多いのね。
「ロマンス」でラスト。曲は穏当だが、何気に詞が全体的に面白い。やっとか。

ジャケット等の雰囲気からはアニソン・キャラソン系っぽいのかなという先入観こそ抱かせるが、中身は驚くほど正統派ポップスであり、良くも悪くも見た目以上に濃度が高い音楽ではない。特に初期作品は思いの外渋いなあとさえ思わせるものだった。今作に関しては、制作者の数が増えたことから分かるように作風の幅が広がったように思う。これまでは意外と薄かった、可愛い系いわゆる萌えを狙った方面にも厚みが増した。加入したボーカルを生かすという意味合いがあるのかは知らないがラップパートのある曲が2つあったのも印象に残った。ただ、それはボーカルを生かせているのか疑問だし、正直一人(みぃな)を除いてメンバー間の声の違いがわかっていない。どう聴き分ければいいのか詳しい方教えてください。
音楽的には、歌謡曲以後のニューミュージック~90年代あたりのポップスの影響が強いため、ちょっと懐かしい雰囲気が漂っている。楽曲の作り方は非常に手堅く、キャッチー度が増したのは良かった。私としてはもうちょっと振り幅があってもと思ったが、多分ボーカルがついて行けない可能性が高い。清純派アイドルっぽさもなくはないが、ちょっとそれとも路線が違う。VOCALOIDの如く楽曲のみを純粋に楽しむことができるのは強みになるかもしれないが、一人よがりな世界観を構築し過ぎると内輪受けな感じがするのが難点。そこまではフォローしきれないし興味が湧かない。ボーカルのキャラづけは一応あるようだが、楽曲からはその設定があまり感じ取れない。MVは実写のものも多くsupercellっぽい誰得な手法を取っているが、別にそのイラストを動かすのでいいのでは。確立したアートワークが既にあるのにそれを生かさないのはなんかチグハグな気がしてならない。ClariS同様、外見のイメージをいくらでも変化させることができるアーティストの方が、むしろ楽曲が保守的というのはなんか面白い傾向だなと。

★★★☆


変な趣味に目覚めても責任は負いません。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/147-90134b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。