hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

mao「オトノトビラ」 

オトノトビラ
mao「オトノトビラ」
2007年にデビューした女性歌手、maoの3rd。
アニソン、ゲーソン系アーティストを多数抱えるTEAM Entertainment所属の歌手です。デビュー曲がいきなりドラえもんの主題歌「夢をかなえてドラえもん」のボーカルに抜擢される等、名前は知らなくとも声は聴いたことがある方は多くいるのではないかと思います。レーベル的には吉岡亜衣加とセットで覚えてもらえたらよろしいかと。

「Door」はサビに向けて徐々にアクセルを踏んでいくアッパー曲。アッパーとは言ってもしっとりと聴かせる部分もあり、彼女の歌唱の表現の幅広さも窺える。マイナススタートからプラスに転じるサビは常套的だが、歌詞は素直に受け止められる。一曲目として相応しい選曲では。
「君と一緒に」はテーマこそ一人称から二人称に軸を変えるが、全体の雰囲気は前曲と被り気味。
「牡丹の記憶」は昼ドラっぽいタイトルだが、ゲーソン界では知名度の高い霜月はるかの作曲。作詞はmao本人。結構、ニーズに対応して器用に詞も書けるタイプなのか。アレンジは純和風ではないが、和の要素が入り混じった曲はシモツキンらしい。
「まなざしの空」は安瀬聖の作曲。この方とはユニットを組んで活動もしているらしく、作中最も多くクレジットに登場する。曲としてはゆったりと優しく前向きな曲。安らぎます。

「繭」も同じく安瀬氏の曲。落ち着くストリングスアレンジだが、ボーカルは力強く歌う箇所もあり、終盤は良い盛り上がり方を見せる。
「つなぐ想い」はデジタルなアッパー曲。どこで刷り込まれたか知らないが、なんとなくゲーソンの王道なイメージ。具体性のない詞が面白味に欠けるが"君は僕の希望"というフレーズでアレッと思った。
「i loved you」は綺麗なバラード。これもなかなか。極端に哀愁を出し過ぎないというか、本当はもっと悲しいのだけど、そこをぐっと抑えているような感じが伝わってきて余計に共鳴しやすい。
「花のあとさき」はシモツキン作曲の和風曲。今作で一番好きな曲。maoさんが凄いのかシモツキンが凄いのか。それとも安瀬さんのアレンジがいいのか。「牡丹の記憶」以上に和の要素が強くて素晴らしい。

「星の海」は安眠用ソング。「花のあとさき」で盛り上がった後なのでなおさら眠気が。いや、これ褒めてるんですよ。
「Piece」は転じてアッパー。ちょいちょい出てくるなあ。快眠モードになっている矢先に。アッパーになると途端に歌詞が安直になるような気が。
ラストの「オトノトビラ」はアウトロな感じで、実質クライマックスとなる「inhuman the world」はシモツキンとも関わりの深いMANYOの作曲。このレビューを書くにあたってこの界隈の人たちのことを調べていたが、なんかよく分からんことに。純アニソン系とはまた違う世界が広がっているような…それはともかくこの曲、素晴らしい。ストリングスの華やかなアレンジに繊細で伸びのあるボーカル。歌詞も率直なんだけど、ありきたりな言葉を並べるだけでなく、自分なりに文章を綴っている感じがして好印象。木村カエラの「Sun Shower」あたりが好きなら是非。

ゲーソンの勢力図を理解していないので滅多なことは書けないが、激情的や電波的な曲が皆無なあたりは、F.I.X.Recordsの3姉妹と言われるSuaraらとも似た系統に入るだろうか。12曲中7曲がタイアップ曲というとかなり豪華な感じもするが、タイアップ先のゲーム等は全く知らなかった。皮肉なことにシモツキン曲を除けば、タイアップ曲ではない方が個人的にはハマった感じがする。まあこれはたまたまだと思いたいが。とりわけアッパーチューンに捻りがなかったのが残念。この手の曲は前作の方が良かったと思う。逆にミディアム、バラード系に関しては彼女の歌唱の繊細な部分も引き出せていて良曲が多かった印象。元々、彼女の存在をちゃんと認識したのがLinked Horizonの「ルクセンダルク大紀行」収録の「君は僕の希望」だったわけだが、その時のイメージと比べると意外としっとりした曲を歌っている方が地力が発揮されているように思う。1曲目の「Door」のような曲でも良さは出ているとは思うが、パワフルを求め過ぎると他と比較した時にちょっと厳しい点もある。この辺はアッパーだけどほのかに叙情性も含むような曲があれば器用にできそうな気がするので期待したいところ。織田かおりの時も書いたが、ここ所属の人は実力はあるのになかなか日の目を見ないので、頑張ってほしいなあと思います。

★★★★


MVも欲しいよね。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/146-698c85a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。