hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

aquarifa「月明かりのせいにして」 

月明かりのせいにして
aquarifa「月明かりのせいにして」
2006年結成の男女4人組ロックバンド、aquarifa(アカリファ)の2ndミニ。
2012年にCDデビュー。女性ボーカルバンド好きとしては、またしてもピックアップしておきたい存在が一組増えました。バンド名『aquarifa』の由来は『aqua=水、海、湖』と『アカリ=月明かり』らしく、今作はそうしたバンドイメージを体現したようなアルバムになっていると思います。『fa』の部分は『amplifier』みたいなところから付けたのだろうか。

「はじまりのおわり」はアルバム導入のほとんどインスト曲。女声コーラスが入っていて神秘的。
続く「Alice Blue」で一気にロックサウンド全開のイントロに入り空気が一転。だいぶ激しい演奏の中に線の細い女性ボーカルが溶け込んでいる。詞は抽象的で掴み切れんな。
「Self-harm」はタイトル通り自傷がテーマか。"カッターナイフ 手首赤くなっても 中途半端で何処にも逝けないんでしょ"とか、病んだ感じが出ております。
「水平線のむこうがわ」は死別した恋人を歌うような曲になっている。アレンジはやや落ち着きのあるものに。変なツッコミをする余地がない。
「バーミリオンキッチン」はイントロが好き。一旦空白を置いてからの展開がカッコいい。バーミリオン="朱"が詞の中によく出てくる。何の色なんですかねえ。こわいですねえ。
「36.5℃」は平熱を求めるスローだが重たい曲。"中身をのぞけば 真っ黒です 漂白剤飲み込んで 白く染まったら 傍にいてくれるのかな"いやいやいや。
「幼い靴」もスローテンポ。色を詞に混ぜ込むのがお好きなようで。うーん、ありきたりでもないんだけど、取り立てて何か語れるテーマでもないし。
「switch」はリード曲。これラストに持ってくるかというのが正直な感想。アルバム1曲目でも良いくらいだが。イントロの魅せ方はわきまえている。基本的に別れの歌が主体なんですね。

月というのは潮の満ち引き等の地球上の自然現象と大きく関わりがあり、ひいては人をも動かす存在とされている。狂うという意味を持つ『lunatic』なんかはその最たる言葉であるが、今作のタイトルにはそうした意味がもちろん含まれているのだと思う。
線が細く幼さが残る女性ボーカルバンドという個人的にハマりやすいタイプのバンドではあるが、楽曲は非常に硬質なロックサウンドで固められている。それを溶かすような柔らかなボーカルとのコントラストが絶妙。他の音に負けるか負けないかのギリギリのラインで存在しているのが、一種の危うさを表現する上で上手く機能している。音作りとしては9mmや時雨のようなソリッドなギターロックが主体だが、もう少しゆったりした曲もあるのが特徴か。キャッチー具合で言えば上記2組に比べると地味な印象は否めないが、イントロの作り方には惹かれる要素が十分ある。前作の「closet」を聴いた時にボーカルが逆に足を引っ張っていないかという疑問もあったが、そのイメージはとりあえず自分の中では解消された。
解釈が難しいと言うと語弊があるが、一聴してピンと来ない歌詞が多い。内省的でネガで狂気を帯びている雰囲気だが、その全てが振り切れた感じではなくじわーと浸み込んでくるような感じ。伝わり辛いね。端的に言えばメンヘラということになるのかもしれないが、この言葉が一人歩きして簡単に厄介でクサいもの扱いして片づけてしまうのはどうも面白くない。芸術はある意味で人間の尋常ではない感情が高まった結果、生まれる場合が往々にしてある。むしろそうした背景を持つ作品の方が優れているとされることが多いのであるから。もちろん、現実に漂白剤を飲み込んでしまう人は勘弁願いたいが。
声質がポップなので、仮にソニー系レーベル(現在は惑星アブノーマルと一緒のレーベルにいる)にいたら、間違いなくまずはアニメのタイアップから始動するようなタイプではあるが、今後どのような活動を展開していくのか楽しみです。

★★★★


そこまで捻りはないが月明かりに照らされたような演出は良いです。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/141-a2e6c593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。