hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

相対性理論「TOWN AGE」 

TOWN AGE
相対性理論「TOWN AGE」
全天候型ポップ・ユニット、相対性理論の4th。
前作「シンクロニシティーン」から実に3年3か月ぶりとなるオリジナルアルバム。その間、やくしまるえつこの幅広いソロ活動あり。玄人が寄り集まり過ぎて意味の分からないことになった再構築アルバムのリリースあり。永井氏がミドリカワ書房「誰よりもあなたを」のMVに出ていることで有名(?)な山口尚美さんと結婚あり。真部氏と西浦氏の事実上の脱退と新メンバーの加入あり。外に目を向ければ彼らのフォロワーと呼ばれるような若いバンドが続々と出てきており、彼らを取り巻く環境は刻々と変わっているわけですが、新体制として満を持しての新作の登場です。ブログを始めてここまで良いタイミングで続々と新作が入ってくるとは本当に幸運に恵まれているなあと。しかしこの作品、評価が非常に難しかった。

「上海an」は栗コーダーみたいなイントロから始まり、いきなり今まで聴いたことのない相対性理論が姿を現す。いろんな新情報がどっと入ってきた感じがしてなぜか凄い慌てる。中華なモチーフは相変わらずでギターには面影があるが、トクマルシューゴ並の様々なパーカッションの数々は急に変わり過ぎて『えっ』てなった。"あんあん"と無駄にエロい見せ場を作ったり、"いちにのサンハイ"とかあざといワードを繰り出したり最初から盛りだくさん。"お命ちょうだいしましょうか?"とまるえつにしては珍しくですます調の歌詞がサビに出てくる。多分これまでは「マイハートハードピンチ」くらいだった気がする。タイトルは"バイト探し"だから「an」なのか、よく聴くとストーリー性が割りとあって恐ろしい内容。
「BATACO」はバタバタしているから"バタコさん"というタイトル。あれ?今までこんなに意味が通る歌詞書いてたっけ?逆に不安になる。これもですます調なサビなんですよね。"来月からは晴れて予備校生"とか"そうよお得になるからペアを組んだの"あたりはニヤリとした。中盤の"隣の芝生~"からの低音パートにはちょっとドキッとした。アレンジはオーソドックスなスタイルに戻ったが、永井氏の作曲は真部氏に比べると当たりが非常に少ない。割りとさらっと聴けてしまう。
「YOU & IDOL」はアンニュイな感じで好きな曲。ボーカルが抑え気味だからか、「ハイファイ新書」に一番近い雰囲気を持っている。パーカッションにスティールパン入りました。インディーズ界隈では流行っているのかな、この楽器。エキゾチックで好きな音ではあるが、ceroのイメージが凄く強い。

「キッズ・ノーリターン」は「ノルニル」あたりのまるえつのソロ曲に雰囲気が近い。多分イントロの問題だろうが。ラップパートまである。盛ってくるねえ。詞はだいぶ意味わからん感じに仕上がっているが、ちょっと影をまとったクールまるえつを楽しむ分には及第点。
「辰巳探偵」はまったり系の語感重視な曲。このくらい緩くて構わない。干支を並べて"探偵さん"に繋げるという発想の根源が全く理解できない歌詞。"ウマシカ"とか"子羊"とか出てきてサビ以外にも散りばめているんだと少々感心したが、鹿は干支にはいなかった。"かなり天才だ 果ては日大駒大だ"にニヤリとしてしまった。ここ出身の方申し訳ない。パスピエが"はいからさん"と歌えば、理論は"べっぴんさん"や"探偵さん"と歌う。別に何が言いたいというわけではないが。
「救心」。これどう考えてもあの薬だよな…リンクしているの最初の歌詞くらいだし。タイトルのシュールさとはあまり無関係な"結婚しよう"といきなり言っちゃうラブソング。ヒロインの方が非常に積極的。これはハーレム漫画か何かですか?
「ジョンQ」は同タイトルの映画があるが、それとの関連はない。サビはタルトタタンが歌いそうなメロディー。終盤のボーカル多重録音で骨抜きにしようとしてくる。オチに"ジョンタイター"ってこれまたちょっと懐かしいワードが。

「ほうき星」は初期の作品。シュールとは無縁の歌詞がなんか新鮮ではあるが、物足りない気もする。センチメンタルを屈折した感じではなく正統的に表現しており、アウトロのアレンジの広げ方もなかなか。こう言ってはなんだが、相対性理論の曲と意識せずに聴かなければもっと良い曲に感じる。
「帝都モダン」はバリバリのシティポップでノリが良い。永井氏の曲で一番好きな曲かもしれない。A,Bメロの音の運び方が好き。"トーキョーシティ"と言っておきながら中国音階っぽい節回しなサビ。過去から見れば、現在の世界も近未来ものとして映るという時空の曲げ方が絶妙。"お願いわたしの知らない言葉でしゃべらないで"は意味深フレーズととるべきか。
「たまたまニュータウン」は一聴してインパクトがあるわけではないが、じわじわと染み渡る曲。"ニュータウン"というそれ自体は新しいという意味を持つのに、モノとしては古いものになりつつあるという言葉選びが上手い。"ミュータント"がまた出てくるとは。


別段評価をガクンと落とすような出来ではないが、釈然としない何かが残る作品だった。難しいところだったが、彼らの作品の中では一番下の評価と考えている。今作を最高傑作とのたまう人もいてそれもある側面同意できるのだが、私としては『これはこれで良いね』程度の感覚である。これまでにはないアレンジの多彩さにやはり注目せざるを得ない作品になったとは思うが、彼らの音楽の本質としてそこにスポットライトを当てるべきなのかがいまいち分からない。一曲ごとの完成度は高まり質が高くなったと一般的には言えるのかもしれないが、質というのは音数が増えたり歌が上手くなったりすることで上がるだけのものではない。いわゆる空気感みたいな基準が作り辛いもので議論しないと、彼らの良さは語れなくなっている。その観点で言うと、魔法は解けてしまったのかもしれない。

私が彼らに求めているものは、『安定した不安定感』である。日本語が乱れているが、何となく理解できる人がいたら嬉しい。脆くてすぐ壊れてしまいそうな危うさがありながらも、確固とした落ち着きも孕んでいるような音楽性。少なくとも過去作で一番好きな「ハイファイ新書」まではそんな雰囲気があったように思う。ただ、こんな状態をいつまでも保っていられるアーティストなんて滅多にいないのが正直なところではあるが。失礼な言い方になるかもしれないが、このバンドにはあまり技術的な上手さは求めていない。上手くないことが逆に良い場合もあるのだと思う。実際のところ活動をしていくうちに技術が向上していたとしても、実は上手いんじゃね?とほのかに思わせるくらいのヘタウマさ加減で良いのである。まるえつのソロ作の時には演奏がしっかりしていて良いみたいなレビューをしたが、ソロと相対性理論ではこういう点で切り離して活動してくれたら面白くなると思っている。一応両者の違いは出しているようには感じるが、今回はアレンジに幅が出来てしまったためそれを邪魔しているようにも感じる。バンドという体制から大所帯になっても全然構わないみたいなスタンスに変わったことに対して興醒めした部分があったわけだが、アルバムごとに変化を遂げる流動的なソフトウェアとして、これからも変わり続けていくものだと思って見守っていく次第です。

今作における彼らの作曲の変化をコード進行で説明している素晴らしい記事があったので転載しておきます。私と全く同じ印象を持った方がコメントを寄せていますが、今作を聴いた時のモヤモヤに対してすごく合点がいきました。やはり真部氏と西浦氏の離脱は痛かった。とりわけ作曲面において、永井氏では相対性理論らしさを出し切れていないのではないかという疑念に対する解答がこれだと思うわけです。私が「ハイファイ新書」を一番好きな作品に挙げたい理由も多分これに繋がっていると思います。こういう音楽理論が分かると絶対的な尺度として音楽を語れるのでもっと面白くなるでしょうね。
本編とは関係はないが、音楽における芸術的な視点、社会学的な視点、そしてコード理論に代表されるような数学的な視点の3拍子揃ったレビューが書ける人って果たしているのだろうか。

★★★★☆


ハイセンスすぎる


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/137-cae29d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。