hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

FLiP「LOVE TOXiCiTY」 

LOVE TOXiCiTY(初回生産限定盤)(DVD付)
FLiP「LOVE TOXiCiTY」
沖縄出身の4人組ガールズバンド、FLiPの3rd。
オルタナ系の新星が続々と出てくるガールズバンドシーンの中で、ちょっと先行して走ってきたFLiPの約1年ぶりの新作。今作は全曲セルフプロデュースという気合の入れようで、男性ロックバンドに引けを取らない安定したカッコよさをまざまざと見せつけた秀作となっております。

「Tarantula」はタイトルのtoxicity(毒性)とリンクしており、毒蜘蛛のタランチュラをモチーフにエグいフレーズ連発の壮絶スタート。痺れるという表現がマッチするカッコよさ。どくけしかまひなおしを下さい。
「カミングアウト」はリード曲。唱歌のような節回しが印象に残る。この擦れた感じ良いですよ。ダークサイドに堕ちてますねえ。タイアップがもらえない過激さがありますが、振り切れていてこれで良いのです。やけどなおしも要るな。
「ニル・アドミラリ」は『何事にも驚かない』という意味のあるタイトル。いやはや飛ばし過ぎ。ここまで息つく暇のない流れ。骨太なサウンドに力強いボーカルが板につく。
「Raspberry Rhapsody」も熱が冷めることなくコーラスつきの良いイントロから始まる。歌詞は日本語と英語が入り混じり過ぎてあまり行間を読むタイプのものではなく、語感を楽しめればいいかなくらいの感じ。日本語の部分をある英語に聞こえるようにしている意図も感じる。
「darkish teddy bear」はアコギのリズムが好き。ここまで熱の帯びた作品で走ってきたが、ちょっと弱気になった模様。女の子ですから。

「a will」と「永遠夜~エンヤ~」は中盤の核となる比較的しっとり系のバラード。ボーカルの伸びのある声に少々憂いも交えていて良い。この辺りの表現力も上がったなあと思う。5分超の曲をここだけ連発するという構成は面白いが、間延びして聞こえる可能性もあるので評価が分かれそう。

「Dear Miss Mirror」は大人しいA,Bメロから"oh no!"で始まる激しいサビが炸裂して爽快。言葉選び的には小南泰葉とかに近いが、より端的に言葉を並べているだけの感じもする。まあ分かりやすいんだが。
「二十億光年の漂流」はえらく壮大なタイトル。いちいちイントロがカッコいいんだよね。爆発力のあるサビへの持って行き方はやっぱりメジャーバンドっぽい。
「Log In "Rabbit Hole"」はおとぎ話な世界観で、控え目な出だしからサビで一気にテンション全開になるダンサンブルな曲。この手の展開の曲は滅法強い。ライブ映えしそう。
「Bat Boy! Bat Girl!」は厨二ワードをここぞとばかりに散りばめた感のあるラスト曲。かなり手堅い作り。最後だからしっとりまとめようという気概は一切なくて清々しい。

メジャー、しかもソニー系レーベルにいながら、シングルのリリースを経ることなく今回はアルバムを制作。そのためこれまでの作品と比べると華のある絶対的な曲が存在しないようにも見えるのだが、そんなことは杞憂だった。浮きやすいシングル曲がない分、逆にアルバム構成が上手くなったとさえ思う。序盤にいきなり山を持ってきて、中盤に谷を作り、また終盤に向けて山を作るイメージ。多分、セールス的には注目度が低く前作より落としている可能性が高いが、いぶし銀で良い渋さのある作品だと評価したい。
男性顔負けの荒っぽさを出しながらも女性的な繊細さも巧みに織り交ぜており、男声ロックでは行き届かない領域を上手く表現できている。"毒"というバリバリのダークサイドぶりをタイトルに掲げているのだが、ジメジメした曲は一切なく気持ちの良い余韻に浸ることができる。元々上手いとは思っていたが、やっぱりボーカルが素晴らしいですね。サウンドはあえてだと思うが手数を減らして、ここぞというところでボリュームを上げる程度にしており、これまで以上にボーカルが映えて聴こえる曲が多かった印象。変則的で予測不能な音楽性を有するバンドが数を増やしている中、彼女らの音楽は割りと正攻法でこうと決めたら一直線に突き進むくらい分かりやすい曲の構造をしている。沖縄の県民性だと思うが、ここの出身者はあまり捻くれた音楽を作っている人がいない印象がある。本来の正統派ロックンロールを地で行くと言えばいいのか、ある意味貴重な存在だと思います。

★★★★☆


R指定しなくて大丈夫?


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/134-d9460936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。