hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

LACCO TOWER「続・短編傷説」 

続・短編傷説
LACCO TOWER「続・短編傷説」
2002年結成の男性5人組ロックバンド、LACCO TOWERの新体制となってから初のミニアルバム。
“狂想演奏家”を自称する音楽性。切なさに満ちた叙情性、激情的に叫ぶボーカル、時として温もりを感じる曲もある等、いかにも邦楽ロックな魅力のある作風を有するバンドだと思います。なぜもっと評価されないのか不思議なバンドの一つ。

「杏子」はシャウト交じりのボーカルでエンジン全開なスタートを切るリード曲。A,Bメロは歌謡曲テイストで鍵盤アレンジが映える。ちょっとポルノっぽい?叙情的で疾走感のあるサビもカッコいい。終盤に向かっていく間奏も見せ場。果物タイトルシリーズが続いているが、次回は「無花果」とか?
「凡人論」は混沌とした疾走感あるイントロで幕を開け、こちらもエンジンかけっぱなしの様相。この突っ走りぶりはライブで拝見してみたい。自分自身を"凡人"と自嘲的に捉えるオチなんだけど、全く"凡人"な出来ではない。
「弥生」は前2曲とはテイストが異なる穏やかな曲。春めいた温かさのある曲を熱っぽいボーカルが歌い上げる。
「変身」はまたしても激しいテイストに戻るが、"頑張れなんて耳がもげるぜ"といった鬱屈としたAメロから解放感のあるサビへの移行が印象的。アニメタイアップつけてもいいでしょ。
「告白」は愛と憎しみをテーマにゆったりとした導入から徐々にクライマックスへと近づいていくアレンジが良い。終盤のテンポの切り替えも効果的にラストの盛り上げを助長しており、それでいてしっとりと余韻を残して締め括る。

私が彼らを知ったのはアルバム「解体心書」の「林檎」を聴いたのが最初。当時SFP、相対性理論と並ぶどハマりバンドであったUNLIMITSに似た作風だと感じて、勝手ながら男版UNLIMITSが出てきたと思って喜んでいました。とにかく哀愁の波状攻撃ぶりが凄く熱気がある。J-POP、歌謡曲の要素も交えながらパンクロックな激しさも共存している。鍵盤が作曲の要になっており、ギターメインのバンドが書く曲に比べると秩序だっているような気はします。漢字タイトルの羅列に厨二っぽさを感じるかもしれないが、日本人らしくてこれはこれで良いんじゃないでしょうか。今作に関してはわずか5曲という曲数ながら、新メンバー加入でこれからさらに勢いに乗りたい彼らの名刺代わりの一枚としては、十分伝わりやすい作品ではないかと思います。ロードオブメジャー(特に「偶然という名の必然」とか)が好きな方とかはぜひ。

★★★★


いきなり激しいのはご愛嬌。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

「杏子」という曲は本当に男版UNLIMITSって感じですね。
タイトルを見た瞬間元バービーボーイズの女性歌手を思い出したのは私ぐらいだと思いますが。
確かにこういう音楽はもっと評価されて欲しいです。
ちなみに、鴉は聴いたことありますよね?私は以前から結構好きなんですが…

URL | えむけー #DOzs/0BU

2013/07/26 23:30 * edit *

Re: タイトルなし

「杏子」は実際に"きょうこ"と呼ばれやすいとインタビュー記事にはありましたね。
鴉は知ってはいるのですが、アルバムは実は聴いたことがありません。チェックしてみます。

URL | hawaiibem #-

2013/07/26 23:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/131-a41b659b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。