hawaiibem's music blog

気になる邦楽アルバムを中心に音楽レビューをしていました。

 

きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」 

なんだこれくしょん(通常盤)
きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」
きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅの2ndフル。
原宿カワイイ文化の伝道師として今や世界を飛び回るきゃりーの新譜。ももクロ「5TH DIMENSION」に続いて今年の課題CDな気がするので夏休みの宿題気分でレビュー。アルバムテーマは「日本」。

イントロダクションの「なんだこれくしょん」は和太鼓が入る音頭。今作がいかに"世界から見た日本"を表現しているかを物語っている分かりやすいスタート。
「にんじゃりばんばん」は個人的に「つけまつける」を越えてしまった怪曲。コテコテ和風メロディーに"カキーン"と時代劇的SEが入ったりするやりたい放題ぶり。もはやキャッチー、中毒性を通り越して洗脳である。忍者という海外でも一部の層にウケがいいキャラクターを使って、確実に世界征服への礎を築いていることを予感させた曲。それにしても"きくお"さんが書く曲に節回しが似ている。
「キミに100パーセント」はシングル曲ながら個人的に影が薄い存在。純粋にキュートに仕上がっていて、他のシングルより毒々しさがないのが原因か。

「Super Scooter Happy」はcapsuleのカバー。原曲聴いてないや。capsuleは初作が至高でその後があんまり好みじゃないからなあ。とは言ってみたものの、この曲は新作ですと言われてもしっくり来るぐらい似合っている。
「インベーダーインベーダー」は直近に出たシングル曲。言いたいことはこちらでも書いたつもりだが、重低音の間奏明けのピアノアレンジに注目すると幸せになれる。しかしチープだなあ。(褒め言葉)
ある意味問題作の「み」。いくらテクノが同じ言葉の繰り返しが多いと言っても、サビで"み"しか言ってないなんて反則まがいである。こんな曲がまかり通るんだという脱力感が前曲からの流れでさらに強まる。別に憤怒しているわけではなく、いいぞもっとやれくらいの気分だが。太鼓のせいか、なぜか高校野球の応援を想像してしまった。この夏は是非ともこの曲を演奏する高校生を見てみたい。

「ファッションモンスター」は導入の"ファッションモンスター"とサビの"ファッションモンスター"の音のマイナーチェンジぶりが云々みたいなことを書いている人がいたような気がするが、確かに地味ながら印象付けが上手い。
「さいごのアイスクリーム」は最後に残していた大好きなアイスクリームが誰かに食べられていたというシチュエーションを歌った曲。相変わらずユルい。"いちご味の"のところの節回しはいろんな曲で見かけるフレーズなんだけど、やっぱり好き。"右手のスプーンが凶器"に若干の狂気があってよい。別に上手いこと言おうとしたわけではない。
CMの印象も強い「のりことのりお」。「ハイサイおじさん」のような沖縄音楽がベースになっていて面白く、アレンジ的には木琴(多分)の音が心地よい。当初、正式な曲なのかという驚きは隠せなかったが。あまりにも歌詞が抽象的なので、受け取りようによってはなんぼでもストーリーを考えることはできる。しないけど。音階的にはレとラを抜くのが沖縄音楽の特徴らしい。勉強になりましたね。ちなみに日本や中国の伝統的な音階はファシ抜きらしい。これで思い出した余談ですが"ドレミソラ"っていうドラマがありましたね。YeLLOW Generationが主題歌だったやつ。

「ふりそでーしょん」は本人の祝成人がテーマになっている曲。ある意味パーソナルな部分を歌う珍しい曲。これも日本文化の宣伝的な役割を持っている。シングル曲としてのインパクトは、リリース的に強烈な2曲に挟まれてしまったため若干落ちてしまう。あまり気づいていなかったがイントロのアレンジが綺麗。ピアノが入っていればいいって話か。
「くらくら」は恋の病というやつがテーマか。Perfumeも最近こういう曲調の曲をやっていた気がする。
ラストは「おとななこども」はしっとり系の部類でいいのかな。コーラスが入っていてセンチな雰囲気がある。

世界的に見た日本の音楽という意味で、まさしくJ-POPと呼ぶにふさわしい音楽。ただ世間一般で思われているJ-POPのイメージに対してまだ異質な存在として捉えられている節もあるが。そういうことも踏まえてのこのアルバムタイトルは秀逸だと思う。
初期capsuleが果たせなかったオリエンタルテクノ路線を、渋谷系から原宿系という一駅分の変遷はあったが上手く継承しており、自らの奇抜なファッションセンスもアートワークとして絶大な効果を見せている。よく音楽をアート(芸術)として聴くか、ファッション(流行)として聴くかみたいな議論があるけれど、彼女の場合はそれらを一挙両得している感じがする。彼女一人の功績でもないが、また一つの新しい文化が世間に受け入れられたと言っても過言ではない。
前作との比較で言えば、前作が遊園地的なカオスさを出していたのに対して、今作は和なアレンジが多くなり洗練された感じはする。同意が得られそうにないが、あっさりしたとさえ思う。とは言っても普通のポップスに比べれば十分カオスだが。ヤスタカがどれくらいの期間をかけてこれらの曲を作るのか知らないが、さらっと芸の細かいアレンジをやってのけていて気持ちが良い。歌詞については繰り返しばかりだし、内容自体も子どもっぽいと思う人は多くいるでしょう。このフレーズが深いとか考察を一生懸命するほどのものでは決してない。実際のところこれをヤスタカが真面目に作っていると考えると笑いを禁じ得ない。まあアイドルのプロデューサー業って得てしてそういうものなので、今更何をという感じだとは思うが。

そして私が何より彼女の音楽に惹かれる理由は、ほのかな哀愁を感じるからである。感じねーよという人の方が多い気もするのだが、フランス人形に感じられる物悲しさというのが彼女にはあると思っている。別に日本人形でも構わないが。特に彼女の目を見ているとそういうことを思う。楽曲的にも大っぴらに叙情性を出している曲はないのだけれど、わずかに寂しさを感じるフックがある。それはちょうど遊園地などで思いっ切り楽しんだ後の帰り道にふとやってくる寂しさに近い。この哀愁は、彼女の真のパーソナルな部分を投影しているのではないかとも思ったりするわけだが、そんな芸能記者まがいの詮索をいちいちするのはただのリスナーとしては実に馬鹿らしい。ただ、そういう華やかさの裏にある何かを、音楽的には微々たるところなのかもしれないが感じてしまうので、しばらくは気になる存在であり続けると思います。

★★★★★


再生回数がきゃりー公式にしては伸び悩んでいる動画。


関連記事
スポンサーサイト

category: アルバムレビュー

コメント

初めまして

幾つかレビューを読ませていただきましたが、凄く丁寧に書かれていると思いました。
私はこの作品は大好きで結構聴いていますが、テーマが日本だったとは初めて知りました。
言われてみれば確かにそうですね。

>「キミに100パーセント」はシングル曲ながら個人的に影が薄い存在。

私も同じように感じています。サビは覚えやすいとは思うんですけど、あまり盛り上がらないですよね。

>「み」。太鼓のせいか、なぜか高校野球の応援を想像してしまった。

私は初めて聴いた時からブラスと大太鼓の絡みで高校野球の応援が過りましたw

>導入の"ファッションモンスター"とサビの"ファッションモンスター"の音のマイナーチェンジぶりが云々みたいなことを書いている人がいたような気がするが、

私も書きました。初めて聴いた時にビックリしたので面白い仕掛けだなあと感嘆したので。

>あっさりしたとさえ思う。
>何より彼女の音楽に惹かれる理由は、ほのかな哀愁を感じるからである。

私もあっさりしたと思いますし、ほのかな哀愁や寂しさを感じます。
「インベーダーインベーダー」の″目からビーム 耳からミサイル″の所は訳の分からない切なさ・寂しさに胸が締め付けられそうになります(大袈裟かもしれませんが)

いきなりの長文ですいません^^;

URL | sodalite1 #-

2013/08/06 01:39 * edit *

Re: 初めまして

はじめまして。コメントありがとうございます。
細かいところまで読んで頂き、さらに共感して頂けるところが多々あったようで大変嬉しいです。
特に最後の方に書いていたことは人によって感じ方が違うだろうなと思っていたところではあったので。
余計なことを盛り込んだ長いレビューも少なくないですが、今後も見て頂けると幸いです。

ところでsodalite1さん、音楽レビューブログを書かれていますよね?
よろしければ相互リンクを…と思ったのですがいかがですか。

URL | hawaiibem #-

2013/08/06 22:03 * edit *

ブログ

私のブログは子供の作文で中身が空っぽのブログだと思っています。ブログのタイトルは無意味、無価値の意味ですし。
hawaiibemさんの文章と比べたら幼稚園児ですね^^;

ここ3週間はアクセス数が謎の激減(10分の1。某サイトの自分のレビューをそのまま持って来たのが原因な気がします)で更新する気を失いつつあります^^;

hawaiibemさんさえ良ければ相互リンクOKです。こちらから拒否する理由はありません。

URL | sodalite #-

2013/08/10 23:27 * edit *

Re: ブログ

こちらのブログですよね。http://blog.livedoor.jp/sodalite1/
洋邦の音楽レビュー記事も充実していますし、食品関連のレビューまであるのが個性的で面白いなあと思っています。

アクセス数は気になることではあると思います(私もtwitterで愚痴るのですが)が、マイペースにやっていくのが一番ではないかと最近は思うようにしています。

リンクを作らせて頂きます。今後もよろしくお願いします。

URL | hawaiibem #-

2013/08/11 01:13 * edit *

こちらこそよろしくお願いします

私のブログのURLをご存知でしたか。
当ブログを見に来ていただいていたのですね、ありがとうございます。

livedoorブログはログインすると常にアクセス数が表示されている感じなので嫌でも目に入ってしまうんですけど、私も最近はあまり気にしないようにしています。

hawaiibemさんのレビューは1つ1つ丁寧に書かれていて質と量を兼ねていると思うので自然と読者は増えていく気がします。

URL | sodalite #-

2013/08/11 19:25 * edit *

Re: こちらこそよろしくお願いします

リンクの追加ありがとうございます。よろしくお願いします!

URL | hawaiibem #-

2013/08/11 21:30 * edit *

私もきゃりーさんの曲には哀愁を感じてました!周りはあまり分かってくれませんでしたが…。

URL | い #-

2014/07/11 20:48 * edit *

Re: タイトルなし

>いさん

コメントありがとうございます!
哀愁、共感してもらえて嬉しいです。周りには理解者がいませんでしたか。
マイノリティーとも思えないんですけどね。

URL | hawaiibem #-

2014/07/11 23:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiibem.blog.fc2.com/tb.php/130-d413f575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

最新記事

カレンダー

カテゴリ

リンク

アクセス数 since 2014.1.12

つぶやき

最新コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

にほんブログ村